ハクサイが寒さで甘くなる秘密

2007.12.19
 「ヤヤ、こんなヤーコンが。」↓

ヤーコンの残りをみんな掘っちゃいました。

甘い!

シャキザクして 甘い! オリゴ糖ですな。

昨日は長々とヤーコンについてかいてしまいましたが、

生え方はこんなフウなのです。
 「お。頑張ってるね」↓

今日ハクサイを200個近く収穫したら、いたいた。

モンシロチョウ。(の幼虫)

ハクサイも小さい玉は芯まで凍っていました。

凍る時期になると、ハクサイは凍らないようにデンプン等の養分を、

甘いショ糖やブドウ糖に変化させ、内部に行き渡らせるために甘くなるのです。

なぜそんなことをするかというと、糖分には水が凍るのを防ぐ働きがあるためです

真水と砂糖水を気温マイナスでおいておくと、真水は氷になるのに砂糖水は凍りません。

甘いはずだ!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る