ヒマワリプロジェクト① ~刈取り&乾燥~

2012.09.03
 「朝、場内はまるで台風の後」↓

1日から2日にかけて、夜はずいぶん荒れたらしい。朝の牧場は場内メチャメチャ。

5メートルもある枝が折れて落ちていたり・・・・   朝の掃除がいつもより時間がかかりました。
 「真っ平らに」↓

ヒマワリ畑の昨日刈り終わった部分は、刈り取ったヒマワリの株もとが、つまづきやすくて結構危険だったので

完全に平らになるまで刈り取っちゃいました。

 「キュウリもぎ食べ」↓

今度の金曜日(9月7日)まででおしまいになるかも・・・

そろそろ終了のキュウリもぎ食べ♪

 「除草器のパワー」↓

立ったままスイスイ除草できる、素敵な道具♪ ユウゴ君が体験中の1枚。

家庭菜園などをされている方にもお勧めの道具。1000~2000円ぐらいだし、ホームセンターで売ってます♪
 「ヒマワリを刈り採ろう!」↓

朝から雨に悩まされた日曜日でしたが、土曜日と同様に50名程の皆様と一緒にヒマワリ刈取り体験開催♪

 「大きいよ!」↓

大きなヒマワリはタネがぎっしり!!

カマを使って見るのも、夏休みの良い体験です。  
 「デカッ!」↓

ヒマワリが、長くて太いのがお分かり頂ける写真♪  

※お母さんにヒマワリの花をクイッとこちらに向けて頂いたら、
 お父さんの頭に花が咲いているみたいになっちゃった・・・・♪

※ヒマワリは、プランターで育てると、そのプランターの大きさに比例して花の大きさが変わります。
 小さい容器なら小さい花、大きい容器なら大きな花。 ただ、水切れ注意なので、地面育ての方がラク。

 「タネを採りまくるのもよし」↓

お持ち帰り用に、テーブルでタネを採りまくるのもよし。

ヒマワリ油はリノール酸を多く含み、酸味もないのでお料理用としてもよくつかわれます。

特にヨーロッパや、ロシア、メキシコ、地中海沿いの国々では好まれます。

※①最多生産国は「ロシア」。
 ②ビタミンEも多く含まれており、鳥たちも大好き。
 「ノッポヒマワリ!!」↓

お兄ちゃんの2.5倍ぐらいありますね~。ものすごい背が高いのが1本あった♪

ギネスブックに載っている、世界最高の高さのヒマワリは・・・なんと7.76メートル!!

8メートル近いヒマワリの幹は、大人の太ももぐらいの太さはあるのだろうな。
 「たくさん咲くものもある」↓

てっぺんにボンと花がつくのも見事ですが、こうやって花がたくさんつくもののほうがいい。

見た目の良さと、花期が長いから。  

来年の種まき用のものは、こんな感じのものを選んで取り出しています。品種改良の第1歩ですね。

 「ハチがきていた」↓

ところどころに、ヒマワリの樹液(?)を吸いに来ていたハチがいた。

事故は無かったが、注意が必要なのかな?
 「アメニモマケズ」↓

リナちゃん達は、雨にも負けずアレを頑張ったり、自分たちのソバ畑の様子を見に来てくださいました♪

今ちょうど蕎麦畑が「6部咲き」くらいになってきております♪
 「夕方」↓

夕方には短時間でしたが富士山がババーンと見えました。

※夜10時過ぎには、雨が降っているにもかかわらず、真っ黒い富士山がハッキリ見えていました。
 「すてきなPOP」↓

サービスエリアで使っていたものかな? POPが1枚落ちていた。

・・・・なんと見事なPOP!! (と思った) 

配色、見やすさ、おいしそうな写真・・・プロっぽい仕事だ! 素晴らしい!!

※今度何かPOPを作る時に参考になりそうだったので写真を撮ったのです。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る