マルチを張りまくる午後。

2015.05.19
 「月曜の朝は」↓

馬飼野社長と場内を回る。5年後のまかいの牧場の姿を共有するため。

乗馬コーナーを大々的に改修する話が盛り上がってみたり。  (の瞬間の1枚)

どこの会社でも、社長の1番の仕事は「決める事」。

その情報や案を提示するのはスタッフの大切な仕事の一つ。
 「採れました」↓

先日の雨の刺激で、シイタケが出ていたので収穫。小さいかごに軽く山盛り。

お客様に収穫していただくメリットは、①直接自分で採る楽しさと教育効果 ②こちらの手間が少ない

私が採って、串売りするメリットは、①ほぼすべて無駄なく採り切ることができる(小さなものも活用できる)

それぞれ↑には「その逆のデメリット」が、あります。

※過去のデータでは、ものすごいでる時は、収穫数が2日で1500個を超えた日も。
 そんな時に私が採って串売りなんぞしていたら、一人では回らない。
仕事でしている以上、まずは「無駄を出さない」「最大の効果を得る」を常に念頭に置かねばならない。

遊びではないのだから。
 「新たな改修場所」↓

ウール工房の前。ツツジのもっさり生えたところを、素敵な花壇に変える。

モノづくり前の花壇は素敵になった。(ツツキお兄さん監修)

その流れで♪

 「カナヘビ」↓

カナヘビの子供が倒れていた。つつくとその場でバタバタ暴れる。誰かに踏まれたか?(おれじゃねぇ)

 治るのだろうか。  達者で暮らせよ。   ヤブにそっと置く。
 「ウメ」↓

山は梅実の良い香りに包まれつつあります。

予定では5月30日(土曜日)から毎日13:30で、今年の梅の実狩りを毎日実施!

でもいい香りがし始めているから少し前倒しの方が良いのかな?  (実がなくなった時点で終了です)
 「山の畑作業前」↓

13:00から19:00まで、せっせと一人でマルチ張り作業。

1本(8メートル)のマルチを張り終えるのに約4分。 途中で呼ばれて山を下ることが数回・・

それでも、売店が幼稚園さんでごった返して「タスケテ状態」でも、今日は助けに行か(け)ない。

 「山の畑作業後」↓

380メートル分ほど。1200株分程の(3期目)トウモロコシの種を種をまく場所。

夜、土砂降りになるのがわかっていたので、どうしても、どうしても土が乾いている今、雨の前に

マルチ張りを終えたかった。これ以上遅れると、収穫が夏休み後になってしまい、たくさんできた時に

収穫する人がいない状態になってしまうから。

今日、種をまききることでお盆の最終日に間に合うかどうか・・ぐらい。 あと5日早く種まきしたかった。
 「こいつは敵だ」↓

土を掘り返していると、敵が出てきた。ケムシすらなるべく殺したくはないが、こいつだけは別。

この虫は「ヨトウガ」の幼虫。通称「ネキリムシ」。

落花生などは、生え始めた芽を根元からスッパリと食い切り、完全に1株をダメにしてしまう。

夜の間だけ地上に現れて食害し、日中は株もとにもぐっていて姿が見えない。

桜が葉を喰われるのとはワケが違う、被害の大きさ。  

農薬を使用しないので、見つけ次第補殺。   

(土の地面で踏んでも全然つぶれない。ゴムの様な強~い皮。爪で引き裂くぐらいしないとだめ)

 「何とか終了」↓

50本目を張り終えたのは19:15。真っ暗だったが、何とか雨が本格的に降り出す前に終わることができた。

火曜日は雨だろうが何だろうが、1500株の種まきを完了させる!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る