メダカを、富士市の素敵な幼稚園さんに届ける💛

2017.06.15

 

IMG_6876

「お隣の富士市にある【みのる幼稚園】さん」

ウール工房のスズキさんの計らいで、富士宮のKさんが育てて繁殖させたメダカ50~60匹を、みのる幼稚園さんに届ける。

デザイン性のある綺麗な建物で、プールでは子供たちの歓声が上がっているました。

※私はお休みだったので運ぶのをお手伝い♬

 

 

 

IMG_6880

「お届けの品」

入口に着くと、子供たちが駆け寄ってくる。

「なになに~っ?」 とw

 

 

 

 

 

IMG_6881

「ここがメダカたちのいく先」

手作りビオトープ、3段になって、チョロチョロ水道の源泉かけ流し(?)です。

近くで採ってきたアブラハヤやドジョウも入っていると。

まわりに置いたスコリア(溶岩の石)や、その間に置いた小さな鉢の植物。その配置具合にセンスを感じました💛 素敵であります♡

 

 

IMG_6879

「園舎の裏側は楽しいワンダーランド」

表の整然とした感じとは裏腹に、園舎の後ろには動物はいるわ畑はあるわ、森はあるわ・・・w

何よりも、先生たちの思考が面白い!「生きる力」を引き出す、自然体験重視の素晴らしい「志」を感じ、豊富な知識をふまえて、日々経験を積んでおられました。

※1晩、酒でも酌み交わしたいほど、話が終わらなさそうになるw

 

 

IMG_6877

「これも手作り」

園内に素敵な お洒落スペースがあった。

コンテナを配置し、中もお洒落で楽しそうな空間に仕上げてあり・・・

「まず大人が楽しまなきゃ、子供を楽しませるなんてできません」とサラッと言ってのける先生に惚れそうになる・・・・♬

 

 

 

IMG_6878

「これも手作り」

どこもスッキリしているのに、手作りの雑然とした感じが全くない。

すごい。

ぶっとい木(木材)で、足場を外に出っ張らせる階段なんて、アニメみたいw

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

P6136741

「乳しぼりから」

毎日牧場で2回(11:30と13:30)開催している乳しぼり、なかなかいいアングルで撮るのは難しい。

反対側の低い位置から撮るのがおすすめですが、この位置でこうとるのも悪くない。

※でも、目線をこちらに向けつつ、「搾って出ている様子」も入れるのは難しい。

 

 

 

P6136751

「徐角①」

動物の角(つの)を取ってしまう作業を徐角(じょかく)といいます。

ホンマお兄さんが、新人のマツダお姉さんにポイントを教える。

そして見せる⇩

 

 

 

P6136750

「徐角②」

電気の力で先っぽが赤熱する「デホーナー」という器具で、角の生えてくるところを焼いて処理する。当然、仔牛は痛い。

でも角が生えていると、他の牛を傷つけたり、強くなりすぎてしまう事があるので

角を取り除く。

角は、根元に「角を作る組織」があるので、それを焼いてしまうのが徐角。

やり方がハンパだと、また生えてきたりするので、短時間でキッチリ仕上げるのがポイントです。

※ヤギなどで、ハンパな徐角をして、ねじまがった角が生えてくると「独りアイアンクロー状態」になる事も。その場合、もう1回やり直すか、曲がって伸びた角が頭蓋骨に刺さる前に切る(何年かに1回)のを繰り返す羽目に。

 

 

IMG_6847

「つくった」

そろそろツユ。

季節に合わせて巨大てるてる坊主を作ってみました。

売店内に天井からつるし、チョウネクタイ的なものもつけてみる。

目指す状態は「お客様が思わず撮影したくなる可愛さ」。(でも、すこしもの足りんな・・)

※ファームデリのデリ子ちゃん(左の羊)が口を開けて眺めている感じで撮影してみるw

コメントを残す

ブログ一覧に戻る