モリモリに盛り上がった「節分」♪

2013.02.04
 「メッチャカワイイ鬼も参戦」↓

幼稚園作成の、強力な鬼が2匹参戦!

これじゃあ 見ている方も、ほっこりしちゃいますわな♪
 「始まる前からすごい熱気!」↓

始まるずっと前から、前列の方がきち~んと並んで座り始めてくださったので

整然と始めることができました。  素晴らしいマナーのお客様にまず感謝!
 「襲い来るオニたち」↓

恐怖(!?)        鬼も燃えていた!

牧場のあるここは、鬼のいない村。    (内野村(うつのむら)の足形(あしがた)地区)

昔話【鬼橋】は、悪さをする鬼を、村の狩人とお寺のお坊さんが協力して鬼をすでに退治したお話。

(あらすじが粗すぎて何が何だか・・・)

とにかく鬼がいないので豆まきをしないのです。在住のスタッフ曰く、「本当にしないよ」と。

※市内の小学生さんは、低学年のうちにそのお話を学校でされるという情報も入りました♪

節分で鬼がいないと豆をぶつけられないので、お父さんやプチオニさん達に鬼役を依頼しました♪
 「豆を食べる!」↓

自分の中の鬼を退治する目的で豆を食べる。

食べる粒の数は諸説あり、①年の数だけ食べる ②数え年の数だけ食べる ③数え年の数+1粒を食べる

など色々と・・

そもそも、豆をまくのは、「魔の目」として、豆には魔力があるととらえたり、魔を滅する「魔滅」という

ゴロ合わせから来ています。

だから、まいた跡、「魔の芽」が出ては困るので、火で炒ってからまくのです。
 「解説も大切」↓

ミツイお兄さんの楽しいトークは、盛り上げるだけじゃありません。

安全に豆まきを進める、季節の行事「節分」について正しい理解をしていただきたい、

伝統行事を大切にしたい、家族の時間にして頂きたいな等、さまざまな想いをこめて行っております。

 「おそい来る鬼達!」↓

襲い来る鬼達!  ・・・遅い来る鬼達?        (写真とコメントは関係ありません)

 「おにはそとォォっ!!!」↓

気合の入った声が牧場に響きます♪

 「へび年って言うのもここまでかな」↓

厄年(やくどし)の方などがお祓いをするのに、期限としては「節分までに」と申します。(諸説ありますケド)

だから、蛇のかぶり物もここまでは良いかなと♪

   ※お正月、多くの方に「ミドリの○○コ」といわれたケドも。
 「襲い来る鬼達!」↓

襲い来る鬼達!          (こんどこそ)

 「そこに現れたのは!」↓

お父さん鬼達がユルユルと豆をぶつけられていると、突然「ドジャーン」と音楽が始まり、赤おにと青鬼が

飛び出してきて、 阿鼻叫喚の地獄絵図!!   なんて ・・・!  ひどいことに!!
 「泣き叫ぶ子供たち①」↓

恐怖におののく子供達。

 「泣き叫ぶ子供たち②」↓

お母さんに隠れたってダメだ!  鬼に見つかり、引きずり出され、大変な目にあわされる!

子供達は、心に傷を負って 生きてゆくしかないのか!?
 「そこで 男子大活躍!!」↓

しかし子どもたちは泣き叫ぶだけではなかった!!

勇敢な男の子を中心に、力を合わせて鬼達に豆をぶつける!!   「あ、マメが効くぞ!!」  

(そこでミツイお兄さんもテーブルのお皿に・・・豆をドザーと追加)

みんなと豆の力で鬼2匹を牧場から追い出すのに成功した!  やったーー!!
※話は変わりますが、「なまはげ」の文化では、怖がらせる部分ばかりが喧伝(けんでん)されるので
 「わるいこはいねがー!」の言葉は有名ですが、あそこには父親を中心とした強い家族作りの意味があります。
 なまはげがやってくる前、家族団らんの席から、おじいちゃんはトイレに。おばあちゃんお母さんは台所に
 とどんどん大人は席を立ち、なまはげタイム直前には、部屋は子どもとお父さんだけになる。
 そこへあのキメセリフで飛び込んでくるなまはげ!
 事前打ち合わせもすんでいるので、「昨日あんな事をしていただろう!」と怒り来るなまはげ。
 こどもは「なんでそんなことまで知ってるんだ!?!」と恐怖は絶頂。
 そこへお父さんが、「ウチにそんなことをする悪い子はいない!」と助けに入る。
 「もう悪いことはしませんー!」と約束する子供は、「あの事で僕を怒っていたお父さんが、
 僕を助けてくれた!お父さん・・ありがとう、お父さんはなんてすごいんだろう!」という思いの中、
 父親中心に家族の結束が固まる。
 「なまはげ文化」は、そんな家族愛にあふれた文化的面も併せ持っています。
 
 男子が頑張る姿に、そんなお話も思いました。  (読みにくい長文すみません)
 「そして!」↓

盛り上がり最高潮の流れで・・・ロケット発射!

今日のロケット発射の、成功の歓声は食の体験工房でも、「な、なんだ?」と思うほどの歓声。

良かった良かった。    

 ※ロケット担当のヨコヤマさんも、ミツイお兄さんもお疲れさまでした!
 「バームクーヘン作り」↓

おお、節分で押されてしまいましたが、今年2頭目の羊の赤ちゃんも生まれたのでアリマス♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る