ヤギさんは本能のおもむくままに・・・・

2013.04.11
「ビッグタンク移動」↓

朝からみんなで力を合わせて運ぶ!

 「花畑が黄色くなり始めました・・が!しかし!」↓

花畑が黄色くなり始めました・・・

   しかし!

『お前にはまだ早い!』   (お父さん風に)

今咲くと、ゴールデンウィークにお花が無い状態になってしまう。

今週末は菜の花摘み食べ開催!  咲いたものは摘めるバージョンで!

 「マルチ張り!」↓

畑をはかりながらヒモを張り、そのヒモにそって管理機を走らせてウネを切る。

そこにドラム缶を1回転がしておさえる(転圧)。(土がフワッとしすぎて良くないので)
 「マルチ張りの大切なポイント」↓

一人でマルチを張るには、ポイントがいくつかあります。

それをふまえれば、強風時でも一人でスイスイ張れます。

まず大切なのはハジっこの埋め具合。  しっかり埋める。

しかし、深く埋め込めば良いということではありません。

へこみを作った上で、長い距離を埋めておけばOK。
 「張る」↓

ハジっこがしっかりしていれば、強風であおられてもぜんぜん大丈夫。

スイスイ伸ばせます。
 「埋め具合は」↓

ミゾの切り具合も重要です。V字にちょっとへこませるのがポイント。

大きく掘ってしっかり埋めると、取り外す際にミチミチ切れちゃって大変。

その場合は、機械が使えないからクワで全部掘りだすハメに。

 「ハジを切る時も一工夫」↓

ピーンと張って、スパッと切ると、ビニールは風で飛んで行ってクチャクチャになる。

そこで、全部切らないで、このようにハジをのこして切る。

カッターをしまってから、両ハジを手でちぎりながら持てば、飛んで行ってしまうこともねじれる事もない。

 
 「こうする理由」↓

V字にちょっとへこませたところにちょっと埋めるだけ。

ビニールのハジが地上に出ているようにしちゃうと・・・良いことがあります。

地下からの水分が完全にシャットアウトされ、ビニール上の土が完全に乾くために雑草がほとんど生えません。

乗った土が少ないので取り外す際もラクラク。

軽くV字にへこみが作ってあれば、どんな強風でも外れる事はありませんし。

 「ぬー」↓

新人さんの耕し。まだウネが曲がっているな・・・。精進精進。

(教え方の問題ですが)

 「傍若無人①」↓

モルモットが帰った後の、モルモット村。

ヤギの親子が侵入して「ヤギ村」になってるガネ。    残った餌を食べ放題。   良くないな~。
 「傍若無人②」↓

ああ!花畑の一角が全部ない!

ヤギが入り込んだらしい。  間違いない。

 「あら♪ まぁ♪」↓

花が!  入口に!  GWに向けて、ガラリと変わる第1歩!

花の力を感じましたよ!♪

これは・・・素敵な牧場になる第1歩を踏み出した

コメントを残す

ブログ一覧に戻る