ヤギと花畑の関係

2007.12.03
今日は朝から昼過ぎまで雨。入場されたお客様はほとんどありませんでした。(T0T)
で、いきなり夕方写真からスタート。

 「夕日の当たる花畑」

強い夕日が葉に残る水滴を綺麗に見せていたので

撮ってみましたが、今ひとつかな?難しいものですね~。
 「ヤギと花畑の関係」↓

問題はここなのです。

手前の10株ほどだけグッタリしていますよね?

これは植え替えたばかりなのです。 もちろん他のところといっしょにここにも植えましたが、

やられたのです。 すぐ横が「ヤギのとりで」なので、お客さんの出入りを狙ったヤギが

脱出成功時にモシャリモシャリと食べまくる!

      困るんですのよ。
 「小さいハクサイのゆくえ」↓

小さめのこれらは、団体のお食事予約で鍋の材料に。

2日前に近くにオープンしたイオ○に行ったら、「有機栽培ミニ白菜:お試し価格」と表示して

小さいのが100円で売られておりました。     やりようなんだなあと思いました。

せっかく農薬を使わないで育てたのだから、そのことを「知った上で食べて欲しい」と勝手な事を思います。

今入場口に「完全無農薬・有機栽培青菜」と称してコマツナとアブラナを1日各2束限定で出していますが

夕方にはなくなっている事が多いです。

青菜を包丁で収穫して束を作るときには、常に味見をし続けることに余念が無い私です。

(このときヤギのような気持ちでいるワタシです)

 「ダイコンの看板」↓

ダイコン形の大きいのを作ってみました。

そのダイコンも今週末には全て終了しそうです。

昨日はとってもうれしいコメントを頂き、このお仕事をしていて良かったなあとまた感じました。
あ、今日は夕方車で牧場から1時間ほど離れた「清水港」でラジオの生放送にゲスト出演してきました。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る