予報通りの暖かい1日♪

2014.02.26
 「復活!健康の小径」↓

前の日曜日に間に合わず申し訳ございませんでした!

ボコボコの地面をはだしで歩く、健康の小径。 キムラお兄さんがセッセと雪をどけて、復活!
 「苦しい・・」↓

ユキヤナギに雪が乗って潰れている・・・

ちょっとその横で待ち時間が10分ほどあったので、雪を落としにかかってみる。

 「ん」↓

少し折れていたが、ユキヤナギは強いからすぐ戻るだろう。しなやかで細いし。

一面白く咲くユキヤナギ。花の時期は短いが、風が白く染まるような、散り際はとても美しい。
 「こちらもセッセと」↓

牧場入口がどこだか分からないほどの雪山が、壁になっている駐車場。

まずはここの雪山をどかしにかかる。 

放っておいても溶けますけどね。1ヶ月以上かかって・・・  ソンナニマテルカ

 「掘る」↓

地下道では、深い部分は穴の半分が雪に埋まっていた。

人が十分通れるだけの通路を確保。
 「運動が大切」↓

馬は周りががらりと変わる雪で興奮しやすい。

ただでさえ、異常な積雪で運動不足になりがちな馬達。 

事前の運動は最重要。でも頭数も多いから、オノデラお姉さんが順番に運動させる。
 「到着」↓

食品会社さんから、コーヒーを搾ったものが届いた。動物や地面にまいたりして使う。

便利なものですが、産業廃棄物扱いなので引き取ってくれると先方もうれしい。こちらもうれしい♪
 「設備点検」↓

雪で伸びていた施設点検を実施。  ハンモックにはいまだに雪が乗っている。  (足元滑る滑る)

遊具・柵等を点検して回る。
 「国が動き出しました」↓

農業被害は500億円を越えていると試算が出ておりましたが、

鶏・豚・牛等多くの命も失われたと・・・倒壊による圧死やその後の飼育不可能な状況等により。

まかいの牧場の近隣施設でも、550頭中 半分の牛達が倒壊の犠牲になり、今、他の牛達も・・・
あまりにもあまりにも酷い話し過ぎて掲載はしないようにしておりました。

でも、多くの方に知っていてもらいたい気持ちも。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る