今年初のラッカセイ堀り、期待値の高さに感謝!

2013.09.08
 「作ってみました」↓

ラッカセイ堀りは多いとき200名に迫る。

そんな時、落花生洗い場は大混雑。 一応、最初に「早い洗い方」をお伝えはしますが、

そんなすぐにはわからないので、今年の改善として、洗い方の看板(ずっと使えるもの)を作ってみました。
 「ドングリが落ち始めました!」↓

朝の掃除を毎朝しておりますが、ミルク工房前のマテバシイのドングリが落ち始めました。

秋が深まる10月には、「ドングリシャワー(木へのライダーキックイベント)」をしようかと画策中。

※キムラお兄さんに体重を乗せたキックを伝授せねば・・・!

 「僕の植えた種から!」↓

6月に落花生の種を植えたショウマ君。

いよいよ待ちに待った収穫の日がやってきた!!
 「木陰でブチブチ♪」↓

午前中は、まきば農園でご自分の畑をお持ちの方々だけで今年初のラッカセイ堀り。

割と子供さんは「ラッカセイブチブチ収穫」に10分ぐらいであきてくるのですが・・・・

みんな最後まで頑張りましたね♪
 「お、ありがとう」↓

あ、水タンクが一杯に・・・!

ショウマ君が水を止めてくれた。たすかったよ~、ありがとうございます♪

 「シャボンダ・マ・ショー」↓

ヤマグチおじさんのシャボンダ・マ・ショー!  

もうしばらくは週末のみ12:30から開催中~♪

 「いよいよだ!」↓

さー、今年もやってまいりました! ラッカセイ堀り。

恒例となりました、初回でお聞きする「いままでここで落花生収穫をされたかたー!?」という質問!

7割以上の方が元気よく手をあげてくださり!

受け付け中にも「この日をまっていました!」の声を多数いただきました!!♪

育てているものにとって、こんなうれしいことはない・・・・

   キムラお兄さんと喜びを分かち合いました。    ありがとうございます!

 「1度食べたら忘れられない」↓

1袋500円。掘りたての重量で約1キロほど入ります。

かなり安いのですが、受付時に安いですというお話はしないのです。「安いならたくさん掘ろう」はつまらない。

1年目、1家族で1袋で収穫体験された方が、2年目に1家族で4~6袋になる。

お店では手に入らない「あのおいしさ」を知ってしまうから。

そんな方が多く収穫されるならとっても嬉しい。

   勝手な考えですが。(経営者失格)
 「みてみてー」↓

畑にはいろいろな虫がいる。

呼ばれて、「これなに?」と聞かれます♪

ツチバッタに、ヒシバッタ、ゴミムシ、ムカデ、甲虫の幼虫、ヤスデにニジゴミムシダマシ、いろいろいる。

殺虫剤や殺菌剤、除草剤は一切使用せずに大切に育ててきた畑。

虫の事を聞いてくれるのも、嬉しい♪  喜びの畑。
 「自分で洗うよ!」↓

落花生を自分で洗う!  みんな頑張ってます。食べることに真剣!  いいね!

 「看板も出してみました」↓

オオガマのところにも看板を出しました。

大釜で大量にお湯を沸かすのは・・・キムラお兄さん初体験。

普通のたき火よりも空気が入りにくいので、コツがいる。 ただいま特訓中!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る