今後10年は撮れないであろう写真。

2015.12.12
「絆レインボー」↓

金曜日は、お休みのスタッフ等を誘って、8名で柚野(ゆの)のいづみ加工所さんへ。

「コンニャク作り&ソバ打ち体験」に行ってきたのです。(10時~12時で両方体験+昼食まで完了)

その行き帰りの中で、素晴らしい虹に出会い、見晴らしの良い所で写真を撮る!

これは・・・             狙って簡単に撮れる写真じゃない1枚が撮れた!
 「金曜日夕方の富士山と黒雲」↓

晴れたり、やんだり。真っ暗になったり、明るくなったりの繰り返し。金曜日のお天気は忙しかった。

夕方、富士山に黒雲がのしかかるような感じですごい迫力だった。(伝わりにくい1枚ですが)
 「いづみ加工所さん①」↓

「ゆで時間」があるので、先にコンニャク作りから。

30分程茹でてあるコンニャクイモを、ゆで汁と共にミキサーにかけ・・・良く練りこむ!

モッチリするまで練ったら、凝固剤を入れて、さらに練る! そして、丸めて、40分程ゆでました。

※今、コンニャクってニューヨーカーにも大人気の食材に成長してきています。
 食物繊たっぷりでカロリーのほとんどない、健康食材として。
 群馬のコンニャク生産者団体の皆様の努力の結果でもあると。これから輸出も伸びてゆくようです。
 

 「いづみ加工所さん②」↓

ソバ打ちも。すりおろした自然薯(じねんじょ)を練りこむのが、柚野流。

そこで生まれた食材で、そこならではのやり方で、その場所でいただく。贅沢な時間♪
※ソバ打ちは、人によってやり方が多少違ったりする。(それも全員自信を持っているケースが多い)

 「いづみ加工所さん③」↓

ゆでる!  やり方も丁寧に教えてくれて、ゆでるところも自分でやるw

麺をパラパラ入れて、浮いてきたらふたを。沸いてきたらさし水を1回して、もう1回沸騰したら取りだす。

麺を洗ってピカピカのツルツルにして、盛り付けて完成!

 「いづみ加工所さん④」↓

いっただっきまーす! (後半にゆでている4人を待たずに食べ始める・・・)

季節の地元産食材のてんぷら(カキ含む)や、今朝採りおひたしや自家製たくあんがついてかなり豪華なご飯!

素晴らしく、満足できるお時間でした!  ありがとうございます!

 「牧場入り口で配布中のコレ」↓

まかいの牧場常連のお客様、Fさんが今年もプレゼントして下さった、海中写真の来年カレンダー!

ただいま入場口で配布中!   (きれいですよ💛)

 「肥料ぱらぱら」↓

植えたお花に、肥料をあげてくれていた。 朝霧高原の冬の寒さに耐える花はそんなに多くない。

ビオラと葉ボタン、コマツナ(春のナノハナ)が自然と多くなる。

 「第2生産農場を見学」↓ (先日の写真です)

製造部門のスタッフが、生乳生産場所である第2生産農場(佐野牧場さん)へ視察見学に行く。

生産の苦労の一端を知る。 その想いを受けて製造し、その想いを受けて販売する。

全部がつながっていないと、お客様の心には届きません。    大切な事です。

 「みんなの麦畑」↓

今年は、鹿に麦の葉を喰われ始める前に電気柵(のヒモだけ)を張れた。

おそらくこれで大丈夫だが、入って食い荒らすようなら、電撃発生装置と注意喚起表示を出さなきゃな。

来年の6月には刈り取って、脱穀して、うどん作りをしましょうね!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る