他の施設へ。

2013.03.14
 「整備①」↓

最後の定休日の午前中は、トラクターなどの整備をミツイお兄さんと一緒に♪

エアーフィルターの掃除や・・・

 「整備②」↓

冷却装置にクーラントを入れる。  ずいぶん減っているものもあった。

 「整備③」↓

トラクターの下に潜る。  グリース(油)をさして回る。 下に潜ってやっと油をさせる口もあるから要注意。

日本製(ヤンマー)の赤いトラクターは油をさすのが楽。アメリカ製の青いトラクターはもぐり込んでやっと

油をさせるところがいくつかある。   日本製は整備のやりやすさまで考えてあるのね。と思った。

 「ウサギ広場で」↓

新人さんが馬飼野社長と場内を回っていて、ウサギ広場で偶然出会いました。

少しでも牧場の事を正しく理解して、職場に入る。これは重要なことです。
 「カメのダイちゃん日向ぼっこ」↓

ケヅメリクガメのダイちゃん。日向ぼっこは、食べたものを消化するのに必要な行為。

つまり極論で言えば、日向ぼっこできないと死んでしまうのだ。

この点について言えば、知らないと、飼育者が担当動物を殺してしまう。

動物が好きだという気持ちだけでなく、知識も大切な飼育技術の一つ。
 「扉直し①」↓

扉がかちっと閉まらなくなたっと相談が来た。

外して、ワッシャを2枚はめて、戻した。  2ミリほど扉が上がった。

 「扉直し②」↓

よし。バッチリ♪  カチッとしまった。

 「うわ」↓

 
駐車場に止まっていた、黒い車のアップ写真。

すごい・・・ 粉。   黄砂? 煙霧? PM2.5? とにかくイヤな感じだ・・・

ヘークショイ
 「他の施設へ」↓

羊種オス導入の件で、他の施設へ出向く。

 「そちらの消毒槽」↓

車用のタイヤ消毒槽を設置中でした。

こちらでも、防疫について出来ることを1つづつ増やしておりました。

動物の管理は年々厳重になってゆく。

 「貴重なヤギ」↓

純血のシバヤギだそうです。  

大変貴重なのですが、国内で飼育している施設が少なすぎて、希少さばかりが増してしまっているとか。  
(他施設への出入りは、足元をしっかり消毒して臨みました。行きも帰りも。)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る