写真は一瞬を逃すともう終わり  の例。

2009.11.10
 「夕方5時頃」↓

富士山が真っ赤に。   

 「その3分後同じ位置から」↓

あっというまに紅がなくなりました・・・。

写真家の方に限らず、焦がれてやまない 霊峰富士。

さまざまな顔を見せ、魅力にあふれた 場所だと思います。

 「干し柿の今」↓

乳搾り会場前のカキは渋柿。  初めて皮をむいて吊るして、渋抜きをしてみました。

今までは塩水湯で1晩置く方法でしたが、この皮むき吊るし法で約半月・・・  うまい!!!

こんなに美味しくなるなんて!  よし、来年は「収穫から干し柿作り」を1日限定開催だ!(予定?)

干し柿なんてさほど好きでもない体験のユーコお姉さんが「こんなにおいしいなんて♪」と感想を。

ほかのスタッフにも食べてもらおうっと。  

 「リオちゃんたちの作品」↓

ものづくり工房で挑戦して出来上がった大作。

ステキにできましたね~。 今日からずっと「使える」っていうのも魅力ですね。

 「今月の体験」↓

「肉まん」や「ピザ」など季節限定の特別体験はお見逃し無く~。

 「お、ヤギの看板新しくしたね」↓

 「手書きの暖かさ♪」↓

 「記録って大切ですから」↓

数の多い動物の繁殖をテキトウにしてしまうと、血が濃くなったり、選択的に良い個体を残すなど

管理上だけでなく、健康上にもよくないことが起こります。

ヤギ、羊の場合は耳のタグで管理しています。

 「どんぐり食べた犯人の1種」↓

犯人って、別に悪い事してるわけではありませんが。

どんぐりに穴が開いているのは入ったのでなく「出て行った穴」。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る