出た!

2015.04.18
「倉庫で眠っているコイノボリに命を吹き込もう!」

まかいの牧場では、家庭で眠っているコイノボリを募集しております。

ゴールデンウィークに行われる「東北応援~夢のぼり~」の開催に合わせて、場内で掲揚するコイノボリ募集中。

★特典★ : まかいの牧場入場券 2名様分 プレゼント

注意事項 : おもちゃや、ベランダ用などの小さいものはお受けしておりません
       お手数ですが、まかいの牧場(入場口)まで、直接お持ちくださいませ
       ご質問などお問い合わせ⇒0544-54-0342
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日と明日は、一応最後のトウモロコシ種まき日。

10時にふれあい学習館までお越しくださいませ~♪
 「出た!」↓

竹の子チェック!   出た!!タケノコが!  という事で、今日明日は・・・

11:30と13:30の両方で開催する収穫体験が・・・・「菜の花摘み」&「シイタケ狩り」&「タケノコ掘り」の

3種一気に体験可能!!!!!!!

※タケノコ堀り・シイタケ狩りともに、なくなったら終了となりますので、ご了承ください。
 タケノコ堀りは日曜日分まであるかどうかわかりません。

 「岩が!」↓

とても持ち上げられないような岩が、5センチ程浮きあがっている。

その下を見ると、、タケノコが押し上げていた。  す・・ごっ! (☆0☆)=!
 
 「整備完了」↓

竹林全体を一人で草刈り。2時間ほどかかりました。

見つけたものにはシルシつけて、採ってはいけないもの(竹にするもの)にも印をつける。

採ってよいものを数えて、本数限定で開催するのです。タケノコ堀り収穫体験。

あく抜き用の米ぬかと、あく抜きの仕方&タケノコお料理レシピをつけて、1本500円で。

掘り方をお教えして、道具をお渡しして自分で掘り出せる体験です。  もっともレアな体験がいまスタート!
 
 「1本だけ売ってみた」↓

 立派なものを、1本だけマルシェに出してみた。  1本だけ。  真の「初物」です。

 「タンポポ畑が出現中」↓

動物と触れ合えるコーナー(豚さんの小屋となり)で、タンポポの花畑が出現。

ああ、そういえば・・・ここは・・・

去年、仔山羊を出したその日のうちに消滅していたっけ。    ま、そりゃあ喰うわな。

 「咲いていたタンポポはみんな日本産」↓

普通、街中で見かけるものは、その多くがアメリカからやってきた「セイヨウタンポポ」。

でも、ここのタンポポは日本のタンポポ。 その見分け方は、花弁のすぐ下にある「総苞片(ガクみたいなもの)」が

反り返っていないので形を見ればすぐわかる。

日本には、大きく分けて2種類のたんぽぽがあります。

「在来タンポポ(日本元来のもの)」と「外来タンポポ」です。

在来タンポポはカンサイタンポポ、カントウタンポポ、シロバナタンポポなど、およそ20種類以上があり、

地域や咲いている時期、種や花の色で違いがあります。(判別の難しいものも多い)

在来種は、だいたい3月の終わり頃から開花し始め、5月下旬頃には地上部(根っこ以外)は枯れてしまいます。

そして、次にその姿を見るのは秋以降になります。 日本産は結構、はかない・・。

 「こちらがセイヨウタンポポ」↓

乗馬コーナーに咲いているタンポポは、みんなセイヨウタンポポだったので、見本写真。

このように、ガクが反り返っているのがセイヨウタンポポです。

 「初・じどり棒使用」↓

畑周りの草を刈りました。乗用式の草刈機も使用。使用後、下に潜り込んで整備する様子を・・・

じどり棒(セルフィースティック)つかって撮ってみる。スマホだけでなく、カメラをはさんでも使用可能。

ぬ、慣れるまでちょっと難しいな。

 「マイクセット」↓

羊の家に、音響機器セットを依頼されたの
で、セッティング。近々、多くのお客様がウールの体験をなさいます。

 「材料を見に行く」↓

近所のオダギリ製材さんに、ある素材を見に行く。

む、コノぐらいのモノでよかろう。  何に使うかはヒミツ~♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る