厳しい使用制限

2014.02.07
 「2月のふれあい学習」↓

子羊が続々誕生中!

昨年、おととしと、日曜日の日中たくさんの出産があり、「もうすぐ生まれます!」の場内放送も入って

100名近い皆様が見守る中、新しい命が誕生したことがありました。

さて・・・今年もきっと!
 「サイン」↓

羊のお母さん達は、お尻とお乳周りだけ、先に毛を刈ってあります。(「そうじ刈り」といいます)

出産準備の整ってきたお母さん羊は、陰部が充血して柔らかく、子供が通りやすいようになってきます。

見た目にもピンクがとても目立つようになってきます。   乳も張ってきます。

 「あ、また」↓

ハケを洗わずに、大量シンナーに突っ込んである・・・

・・・無駄を・・・・

 「自分で!」↓

先日、描いているシーンをブログに載せましたが、完成していた!

愛情を感じる、良い「返却口」の看板。            いいね!

自分で描くと良いことがたくさん。    
 「梅の剪定前」↓

 「梅の剪定後」↓

まだ半分!  木が大きくなると途端に時間がかかる・・・  芽が大きくなりかけのこの時期・・すでに

遅れている~っ    っと焦る。

 「お弁当の日」↓

月に3回、「お弁当の日」に挑戦中。

お弁当を作ってきて、他のスタッフと交換する。  他の人の食べるものでは適当には作れない。

なによりも、お弁当づくりには 様々な力を育てる要素が盛りだくさん。

全国の小学校でも採用され、お弁当の日が実施されています。 条件は「全て一人で作ること」。

詳しくはまた今度・・
 「剣」↓

お正月、どんど焼き、節分の日にも装備していたこの ツルギ。

   誰でも使えるというわけではありません。  

      使用を許された人だけが使えるのです。

 「こんな」↓

柄(つか)に書いてある。   

小さい子がツルギを触りたがると・・
  
     「お前にはまだ早い!」と一喝されます。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る