味噌作り+恐怖写真1枚

2008.06.17
今日の内容には一見恐ろしい写真が含まれております。覚悟しておいてください。

では今日のレポート!

 「午前中は味噌作りに参加させていただきました♪」↓

今年は豆腐作り体験を11月か12月に行うべく、大豆を育てておりますが、

今日は味噌作り教室に参加させてもらったのです。

先月、家庭教育学級さんからの依頼で「食育講演」を近くの小学校でさせていただきました。

その際、「次月は味噌作り」と聞き参加させていただきました。

写真は1人分を小分けしているところ。

富士市の味噌屋さんが講師で来てくださり、手前味噌講座開講。

水を吸わせた大豆を茹でるのに、今朝は3時起きで準備してくださったそうです。
 「まずはつぶします」↓

やわらか~い。

熱いので軍手して。

 「空気を追い出しつつしっかりつぶします」↓

粒が残っているのが好きな人はある程度のつぶし具合で。

 「ゆで汁も1カップほどいれて」↓

大豆のゆで汁をすこしいれるとまぜる際、伸びが良いと。
 
 「麹(こうじ)を入れて」↓

すこし大き目の、まぜるための桶に「つぶしたゆで大豆」「ゆで汁」「麹」を一緒にいれます。
 
 「よくまぜる」↓

・・・片手でやればよかった。

片手で桶を押さえられたのに。ま、べつに出来ましたけども。
 「空気を抜きながら貯蔵容器に入れる」↓

空気が入るとカビてきます。嫌気性発酵なのですね。

この後表面を平らにして、ラップを張って完全に空気を遮断。

味噌作りで今日したことは、大豆をつぶして麹とまぜて、入れ物にいれるだけ。

そこにつぶし具合やゆで具合、材料の配分や混ぜ方、寝かせる場所や状態など様々な違いで

手前味噌が出来るわけですね。

昔はどこの家でも作っていたそうですが、今はなかなか聞かないですよね。

今日参加されたお母さんたちも(30人ぐらい)この講座以外で自宅で作る方はあまりないようです。

準備がちょっと大変ですものね。
 「できました~♪」

これで4.5キロ。

一番大変なのは、「大豆を茹でる」のと「麹作り」。

その大変な部分は味噌屋さんがしてくれたわけですが、作り方を聞いてみると

温度や湿度の管理が難しく(特に麹)、自分でするのはせいぜい大豆を茹でる方しか無理だなと思いました。

まかいの牧場で味噌作りをする際には「麹」はプロにお願いしよう。

「種まきから作る自分だけの味噌」!考えただけでワクワクしちゃう♪

まずは今日作ったこの味噌を2ヶ月ほど寝かせて、完成したらその「うまさ」を来年のバネにしよう♪
 「今日のトウモロコシ畑」↓

トウモロコシの方から今日問い合わせがありましたが、トウモロコシ収穫は来月の27日(日曜日)。

10時に畑に集合で、12時には終っている予定です。

ただし!!!!!!!!!!!!!!!

天候気候によっては一番おいしい時期が早まったり遅くなったすることもあります!!!!!!

コレばっかりはなかなか予定通りにはいきませんが、一番おいしい時期は約1週間ほど。

そこを外すとおいしさが下がってしまうので、育成を見ながら慎重かつ大胆に判断します。

なんにせよ、日が変わるとなった場合はすぐに全員にご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。

そんなこといわれても急に予定は変えられない・・・・と思いますが・・。( ;^^)=3

 「ややジャガイモで不穏な空気が・・・」↓

むむ。

病気っぽい。

収穫終わりに時期になってくると出やすい、葉が先からしおれて枯れてくる病気かな?

いよいよ後1週間なのだから、毎日よく観
察せねば。

雨が続くとみるみる広がってくることも・・・・。

それでも今週も毎日雨というワケではなさそうだから、1週間ぐらいは大丈夫と思いますが・・・。
 「キュウリ収穫も近いゾ!」↓

今月末にはキュウリのもぎ取り収穫を人数限定で開始できそう♪

昨日発酵鶏糞を追肥で与えました。毎日「誘引(ツル先を縛ったりして思った方向に伸ばすこと)」してます。

タライのこおり水に自分でもいだキュウリをどぶ漬けして冷え冷えキュウリにフルールドセル(塩)を

つけてその場でかじる・・!♪

普段食べない子がガリパク食べちゃう事態が、毎日おこる。

ねっ よきぶー君。

さて・・・・・・・・
心してご覧下さい・・・・・・・

農協で駐車した際、隣の車の中をみて私は思わず  「ビクッ!」 と してしまいました・・・・・・・。
なんという・・・
 「犬・・・・・・・・?」↓

いぬでした。

まあ・・・なんとも・・・・・・ねぇ・・・・・。
えと・・・・・こっちまっすぐ見てますが・・・・・?

とにかく・・・・・・・・・・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・すげえ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る