堆肥から出てくるのはカブトムシの幼虫。

2009.01.21
 「白菜がとても甘かったから、使いたいと言ってくれて」↓

今ハクサイは大きいのがみんな無くなって、小さいのがあるぐらい。

駐車場側にある、ジェラートショップ「ナチュラヴィータ」に「使う?」って持っていったら

甘くておいしかったから続けて使わせて欲しいと。  ウレシー♪
 「今日は1日中こんな」↓

2日前に畑へ運び込んだ堆肥を広げ続けていました。

広げるのは手作業になるので、1日仕事でナントカギリギリ終れました。というか追われました。
 「その横で①」↓

ハクセキレイ(白いセキレイ)がひっくり返した堆肥の中から出てくる虫をチョイ食べ。

田んぼでもトラクターが耕している後ろを白サギがついていったりしますがそんな感じ。カワイー。
 「その横で②」↓

「ギー」とないているのはコゲラ(写真中央、わかります?)。

一番小さいキツツキの仲間です。わりと街中でもみられますね。

牧場の辺りでは「アカゲラ」「アオゲラ」など他のキツツキも見られます。

 「またもでてきたね」↓

堆肥置き場からきた堆肥にはカブトムシはゼッタイにいません。10月ごろ溜めた堆肥ですから。

畑の横に小山になっていた、2年ものの堆肥を広げていたら、ボチボチ出てきました。カブトムシ。

クワガタは、堆肥に卵を産まないのでいませーん。
 「今日の成果」↓

均一に広げるのを適当にやってはいけません。

他の作業の関係で、3時前には終らねばなりませんでした。  さて、早くすきこまなきゃ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る