堆肥をお届けする!

2013.04.03
 「SBSテレビさんで取材あり♪」↓

SBSテレビのスクーピーさん達の車! カワイク目立つ♪

テレビ取材があり、羊さんの事やキッズファームについて撮影がありました♪

 「大きい土木工事完了♪」↓

出来てきた、できてきた♪  あとはもう少し土を盛って、芝を張って養生して・・

 「じーっと・・・」↓

重機に乗って、ワラビー達の前を通過・・・

なぜか1匹が・・・じーっと見ている・・・・   見られてる・・

撮ってくれるわ  パシャ。          んもー カワイイなぁ♪
 「堆肥を載せる」↓

いつも牧場の堆肥を心待ちにしてくださっている、有機栽培の農家さんから、堆肥の注文が入った。

春雨の1日でしたが、土にハマる畑ではないので堆肥デリバリーをしました。
 「いつ見ても見事な・・」↓

その有機栽培農家さんは事故で片腕を無くされている方ですが、畑はいつ見ても・・・見事!

作物はガッチリ育っているし、直角並行のきっちりした見事な畑。何よりも雑草が全然ない!

美しい畑で見事な野菜を育てて見える方なのです。

※ここでは3月12日に植えたジャガイモが芽を出し始めていました。
 牧場の、みんなで植えたジャガイモもそろそろ芽が出始めるぞ!♪
 
 「空っぽでスッキリ♪」↓

牧場の堆肥舎が実にスッキリした!もう堆肥は全然ない。

GW前にここまで出来て、心もスッキリ♪

 「整備」↓

使ったトラックや重機をしっかり洗い、グリースをさして整備点検して戻す。

この機械達のおかげでお仕事ができます。  感謝の気持ちを込めて・・・
 「椎茸バンバン」↓

キターッ   この雨で、椎茸の本気を感じた!

シイタケが多く出ている日は、2時半の羊のレース後にも特別開催!

こんどの土日はそうなるでしょう!   春が来たなぁ♪      

 「コンクリートのヒビに生える草」↓

舗装のすき間に草が生えたら、早くとらないといけない。  大きく育ってから取ると舗装が傷むし抜くのも大変。

でも・・・   スミレが咲いていた。  抜けないな・・・

(人は勝手なモンだと、我ながら思いました)

どの植物も一所懸命子孫を残そうとしている。   

でもそんなこと言ってると作業が進まない。
 「アブラナ科」↓

菜の花畑は、全てコマツナです。

でもところどころに、明らかに葉の形が違うものがあります。

それは、アブラナ科の植物は遺伝子が混ざりやすいからです。

たとえば、菜の花と小松菜が同じ場所で同時に花を咲かせていたら、虫たちによって花粉が運ばれて

そこから採れるタネは種類が混ざって滅茶苦茶になります。

トウモロコシでも種類が違うトウモロコシ同士を同時期にタネまきすると、メッチャ混ざります。

※昔した失敗で、お化けカボチャと普通のカボチャをとなりあった畑で育てたら、美しいオレンジ色のはずの
 オバケカボチャが、オレンジ色と緑色のシマシマのものばかりになったことがあった。
 それでお化けカボチャの種を買い直した。  あれは、遺伝子の混ざっちゃった失敗の思い出。
 

コメントを残す

ブログ一覧に戻る