堆肥を販売(デリバリー)する1日

2015.01.14
 「マキを運ぶ」↓

最近マキの人気(売れ行き)が高まってきていますが・・・

これまで優先的に出してきた「ナラ」「クヌギ」のまきがほぼなくなってきて、スギ・ヒノキのマキばかりに

なりそう。 

お客様から「なんだよ、針葉樹ばっかりじゃないか。今まであった広葉樹のマキがほしいんですけど(怒)」の

声が出てくることが予想されます・・・。   

※「様々な樹種が混じるため、お値段がお安くなっております」と表示した方がいいかな・・?
 「バッテリー不足」↓

ぬう。重機が動かない。  バッテリーのパワーが足りない。

中の水は十分入っている。 ってことは取り換え時期かも。

バッテリーは当たり外れがありますね。海外産のものは製品出来上がり後の放置時間が無駄に長かったりして

新品で購入しても1年ほどでダメになってしまう事も。大量に販売している店でお安く売っているものは

そういったものが多いとか。  

ためにくいエネルギー「電気」。

「軽くて」「充電が短くて」「安価」なものを作った人がいたら、その会社は世界を制するでしょうね。
 「シートを敷く手伝い」↓

床にシートをピンと美しく敷くのに、頭を貸す。   防寒対策の一環。

 「載せる」↓

堆肥をダンプに載せる。  有機栽培の農家さんから注文が入ったから。

 「コロボックルペンキ塗り」↓

「ヤ」ナ「ギ」サワお兄さんが、コロボックルのとりで の防腐塗料を塗っていた。

高い。

お怪我などなさいませぬよう・・・ご注意くだされ。

 「馬のお尻」↓

遠くに、白い馬にまたがるミツイお兄さん発見。

何事も慣れだ。慣れ。         (By寄生獣 の後藤のセリフ)
 「夕方・・・」↓

暗くなりかける頃、最後の1杯(堆肥)を載せて農家さんの畑に向かう。

 「もっと夕方・・」↓

田んぼだったところに堆肥を入れる。

あと4杯運ばねばならないが、水曜日は定休日なので木曜日の午前中にお届けする予定。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る