夏休み期間中の催しご案内等・・

2008.07.17
「お化けカボチャ畑の土はスバラシイ」↓

オバケカボチャの畑の土です。

良く見るとツブツブしています。コレは全てミミズが土を食べた後のモノ。(フンと言っていいのかな?)

ミミズは土を口からどんどん食べて、有機物をエネルギーとして取り出す生き方をしています。

コレが土を耕し、分解を進めて、作物に良い土を作ってくれます。

オバケカボチャの寸前までここはナノハナ畑でしたから、分解されていない茎や葉が

最高のミミズエサになったようです♪

 さて、夏休み中(7月19日~8月末)毎日行う催しを今日は2つご紹介しましょう~。
『牛乳が出来るまでツアー』
食べ物について知る事はとても大切な事。実際に生み出している現場を見る事で「いただきます」の意味が分かります。 ふれあい学習「牛乳のお話」でまず生産工程を知っていただき、牛舎の見学、生産工場の見学という牛乳が出来るまでの全てを見ていただけます。「健康・安全・自然へのこだわり」に自信があるからこそ皆さんの目で直接見ていてただきたいと願っています。
※13:25に参加整理券を配ります。(限定27枚)
•時間 14:00~(土・日・祝日のみ) 約90分
•     ※ 春・夏休み中は毎日
•料金 1人300円(バス・ソフトや牛乳の試飲試食代含む)

 「まずは「ふれあい学習館」で、牛さんや牛乳についてちょっと勉強」

 「バスに乗って、第2牧場に着いたら・・・牛さんがいっぱい!」

 「牛乳の試飲や、ソフトクリームの試食もあります。普段は苦手な人でも、飲める事も!」

 「バスに乗って、まかいの牧場に戻ってきたら、最後は牛乳を作っている工場の前で実験です」

2008年夏休み特別体験!『羊飼いなりきりツアー』
私達の生活の中で、実は意外と近くにいる羊の存在。でも、思いのほか気づかない事が多いものです。エサやりから掃除、羊と一緒にクイズやゲームを楽しみながら、最後はウールを使った体験も行います。家畜のありがたみを忘れかけている今だからこそ、羊の暖かさ、魅力、恩恵を感じ取って頂来たいと願っています。
・時間 11:00~ 約70分
・料金 羊飼いセット1つにつき500円
 「羊飼いのかっこうに着替えたら、さっそく羊の家に出発!」

 「 羊たちにエサをあげよう。みんな腹ぺこ。仲良くなってね。」

 「羊たちを放牧場へ連れて行こう(雨の場合は特別な内容になります)」

 「最後は羊たちの毛で、かわいいひつじを作って、お家へ連れて帰ってね。」

と、今日は2つ紹介してみました。特に羊のツアーは牧場始まっていらい、初めての企画。
夏休み中に見える方は参加してみてください~。(人数制限がありますが・・・)
 「たらいに入れた氷はこうなります」↓

水が温かいと上のほうに上がる様子が良く分かりますね。

水面近くは良く解けていて、下の方はさほどでもない、水面より上はチョッピリ解けただけ。

さてここで2つの科学の雑学が。

①水は冷たいほど下のほうに行く・・・・・と思ったら、そうではありません。

 一番重いのは「3度」なのです。だから、冬に池などで魚が寒いとき一番下に行くのです。

 下から凍ってこないのはそんな理由が。

②水中は空気中よりも25倍の熱伝導。

 空気だって暖かかったのに、水中の方が良く解けているのはそんなワケもあります。

 水の中のほうが温度が伝わりやすいのです。
 「そんな氷に座ってみる」↓

 チ・ベ・タ・イ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る