大変な被害が続いています。

2011.03.13
大災害の為、ブログは自粛すべきかとも思いましたが、本日あったことと思うところをレポートいたします。
 「いつもの風景とは違う・・」↓

12日。今日は富士山を見ても地震の事を考えてしまう。この空の向こうで、家族が引き裂かれたり

全てを失った方・・・・ 最悪の悲劇が今も起こっている。

日本各地で誘発地震が発生している状況の為、東海地震、東南海地震なども発生しやすい状況だと考え

枕元に持ち出し袋を用意し、節電の為に早く消灯。

なるべくテレビだけはつけて、地震の発生情報が入りやすいようにしておく。

 「12日朝方」↓

飛行機雲と一緒に変な雲が・・。

 「このような」↓

地震雲ってよく大地震前に見られるようですね。震源地に向かって伸びる雲だそうです。

これは? っと思いました。

 「ジャガイモを植える」↓

この土日がジャガイモを植える日でしたが、地震の影響でこられなくなった方も多いです。

そこで来週末の19・20・21日にも植付を開催いたします。(10時ふれあい学習館集合)

「都合がつかないので代わりに植えておいてほしい」という方もすでに4組ほど連絡が来ております。

定員の30組はすでにいっぱいになっておりますが、お問い合わせなどはagri@makaino.comまでどうぞ。

 「場内」↓

土曜日は、農場レストランだけは休業。入園は入場無料と急遽判断しました。

表の売店やランチハウスなどは、ドライブインの能力を発揮するのに重要なので開店としました。

夕方売店スタッフに聞いたら、訪れたのは近隣の方々と、泊まりで近くに見えていた方や、長野など遠方から

東京方面に帰る際、やっとここまでこられた方々が多かったそうです。

お休みにする判断もあったのですが、休憩場所として開店していて良かったようでした。
 「ナノナハを摘みに」↓

みんなでナノハナを摘みにいく。振り向くと・・・ヤギのデビがついてきていた。

おい、勝手にデテクルナ。  すぐ戻しました。

 「菜の花を摘んですぐ食べる」

 「ゆでたら冷やす」

 「みんなで食べる」

 「夕方」↓

土曜日には「明日日曜日、予定通り植付を開催しますか?」の問い合わせが何件も。

畑で植付準備。

※上記にも記載しましたが、来週末の3連休にも開催致しますので、くれぐれもご無理なさらないよう
 お願い致します。
 余震が収まっていないようですから、ご家族の安全を第1にお考え下さいませ。
 「近くのイオン」↓

生鮮食料品を中心に、カラッポの棚も目立ちました。

電池、パンはカラッポ。ロウソクがわずかに残っていました。
※農林水産省は13日、千葉市若葉区の養鶏場で死んだ採卵用の鶏2羽から、鳥インフルエンザの簡易検査で陽性反応が出たと発表した。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る