奇跡の星・地球

2011.01.20
 「曇天の鐘」↓

昨年11月に出来た新名所、「見晴らしの丘の鐘」に、ニットの伝道師としてニット界でもっとも有名な男性

広瀬さんから、この場所に贈られた言葉がプレートになって設置されました。(写真中央あたり)

 「そのプレート」↓

話は飛びまくりますが、富士山を眺めながらこの地球について時々に考えます。

奇跡の星「地球」。様々な偶然が生み出したこの環境のお陰で、地球では様々な生命にあふれています。

いくつかありますが、例えば

①地球の自転が24時間だった
 もし、回転(自転)がもっとゆっくりだったなら、日陰側は極寒、日の当たる側は灼熱の砂漠。

②太陽との距離が絶妙
 水が気体でも個体でもなく、液体でいられる距離。光合成をしやすい、太陽との距離。

③地球の磁場
 地球が持つ「磁場」は、生命には有害な太陽風をやさしく防いでくれた。
④生命の基盤を作る細菌が現れた
 22億年前シアノバクテリアが生まれ、有害な大気を酸素のあふれる住みやすい環境にしてくれた。

私達が誕生するまでにはまだまだ様々な要素がありますが、この1つでもかけていたら今の地球は岩の星。

宇宙の神秘に想いをはせると、自分の存在のちっぽけさを確認できるような気がします。

色々な角度で物事を考えられたら、悩みなんて小さく感じるに違いない。

感謝の日々を送りたいものです・・・。
 「アズサちゃんたち」↓

ヒカリちゃんたちは、水餃子作りに挑戦。

水餃子・バームクーヘン・いちご大福等、その時期限定のモノも多いです~。
 「ロープ」↓

廃材の中から、古いロープを見つけた。丈夫そうだ。良い部分で4メートルもあったのでもらっちゃった。

先を輪になるようにしばりました。私が学生時代にロープワークに目覚めたのがコレだった。

輪になっているロープを見ながら、本もナシでこのしばり方を習得したアノ感動は今でも忘れない。

基本のしばり方を3~4つをちゃんと覚えれば、大抵のしばり方は見ただけできるようになります。

私は勝手にそう思っています。

 ※空間認識能力なので、女性で得意な方にはまだお会いした事が無い。地図をまわしながら見る方にはあまり向いていないカモ。
 数少ない、「男性の方が向いている作業」かなと思うのです。
 総合的な能力は女性の方がはるかに上。    そこを話すと長いのでこのぐらいで・・・
 
 「ランチハウス」↓

駐車場に面したランチハウスは、ハンバーグが超オススメ♪

ニッタさんの手作りで、味も、肉汁のあふれ具合も 職人モノ。 絶対に「味」でオススメです。
 「ハヤスギ」↓

ホームセンターで、もうジャガイモが出ている・・・ いくらなんでも早いだろ。

ジャガイモの芽は、霜に弱い。 今植えたって、出てきた芽がみんな霜にやられるだろうが(怒)。

ビニールハウスか、トンネルか、低地の暖地でも今植えたらやられるかもしれないのに。

売る側の「無責任さ」という気がしました。

よく知らないで買って植えた人はかわいそう。
 「紙袋活用」↓

火曜の新年会で、テレビをもらった方もありましたが、私は豪華なインスタントラーメンをゲット!(豪華?)

大きな紙袋だったので穴をあけたらオバケの出来上がり。

活用。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る