宇宙ヒツジ。

2009.04.03
ワケの分からないタイトルは、この写真のイメージ↓

 「ピカーン」↓

ツノは生えてるし、触覚まで2本ついてるよ・・・。   オソルベシ。

閑話休題。

 「宇宙船ヤギ号」↓

なんておさまりの良い・・・。

 「箱入りムスメ達」

ギュウギュウ。

 「ヒツ人の目」↓

猫の瞳(ひとみ)はたて長、人間の瞳は丸ですが、ヤギやヒツジは写真のように横に長いのです。

瞳は光を感じる部分で、横に長い事で近づく外敵をいち早く察知するため。

肉食はたて長、雑食は丸、草食は横に長いと言われています。
 「切られて血を流す樹」↓

この切り株は体液(樹液)をドクドクと出しています。

春に切ると水が出るので「ミズキ」という樹です。樹液の栄養成分のおかげで、ある特定の菌が繁殖して

その菌はオレンジ色をしているので、まるで切られた部分から赤っぽい液体があふれ出しているように見えます。

 「スミレとレンちゃん」↓

3年前まで毎年トウモロコシを守っていたレンちゃん(ウチのイヌ)。ゲンキです~。

一般的な名前の生き物名が、「正式名称」であるものと無いものがいます。

たとえば馬や犬には「馬」「犬」と言う品種はいませんし、フナという「フナ」、カニとう「カニ」もいません。

でもスミレには「スミレ」という品種があり、フクロウには「フクロウ」がいるように、一般名が

正式名称の生き物もたまにいます。    
 「手作り看板紹介」↓ ※写真をクリックすると少し読みやすくなります

入り口に牧場の遊び方お勧めコース案内が♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る