安全運転管理協会法定講習参加

2011.10.21
 「社長朝耕し」↓

乗馬コースを朝、社長が自ら耕し作業。

下が柔らかいと安全になるし、耕作は雑草除去にもなる。

 「ドングリポイント」↓

アンケートで、「ドングリが拾える場所を教えてくれる掲示があるとよい」というのがありました。

以前ドングリマップなるものを、細かーく書いたことがあったが、どこいったかなー?

とくにお勧めはミルク工房前と、駐車場のこの場所。

場内には、ミズナラ・コナラ・マテバシイ・シラカシ・クヌギ・カシワ等のドングリがあります。
 「赤い実がいっぱい」↓

びっしりと真っ赤な実が落ちている。

ヤマボウシの実です。 ブツブツした実の様子が、大仏様の頭の髪の毛(螺髪:らほつ)のようだと、

山のお坊さんの意味でヤマボウシ。   山防止でも山帽子でもない。  「山法師」が正しい。
 「これはなんでしょうか」↓

ホームセンターから注文でとりよせたこの道具。 さて、これはいったいなんでしょうか?

 「このような水道が・・・」↓

水を出すと、ドバーと水流が広がってしまう水道。  みたことありませんか?

これは、水の出口にある「整流板」がなくなってしまったからです。
 「取り付けると・・・」↓

水が広がらなくなりました。  20個近くあるから、雨の日にでも取り付けよう。

※最近、「雨の日になったらしよう」という作業がたまってきた・・・。
 ロープワーク、キュウリやカボチャの種とり、シート洗い等・・

 「安全運転管理者講習」↓

1年に1度、必ず受けねばならない講習に、朝から行ってまいりました。

今回は、警察署の方のお話のあとで「何かご質問は?」の時、警察の不祥事について問いつめる場面があった

隣の富士市の警察署職員による飲酒運転が4月にあり、そのあとまた夏に酒気帯びが鑑識職員で発覚。

「4月の反省はどんなことをされましたか?」「なぜまた夏に起きたのですか?」「【結果を見てください】と

おっしゃいましたが、もし私たちが同じ立場でその言葉を言っても、通りませんよね?」と詰問。

返答に苦しそうでしたが、事実だから仕方ないよな。 

モラルの低下を危惧するあまり、そんな質問が出たワケだ。

質問したおじさまは、エライ! っと思いました。個人的に。

 「シートベルトと椅子の位置」↓

左はダメな運転姿勢。右が正しい運転姿勢。  

何がそんなにダメなのか、説明されるまでよくわからなかった。

左はシートが後ろ過ぎて、「腕が伸びきっている」。この位置では、急にブレーキを踏む際に、

お尻が後ろにずれて十分に踏み切れないのだそうです。慣れるまで窮屈な感じがするかもですが

右の様な位置に、シートを出すほうがよいとのことでした。  なるほど。

 「夕方」↓

講習が終わって、牧場に戻る際の赤信号で、信号よりも紅い夕日が美しかった。  10分で消えた夕日。

きれいでした~♪
※新聞でTPPについて、分野別に解説した記事があった↓

 「日本がTPP始めても、大丈夫な可能性があるから、大丈夫ですよ」  ばっかり。

 すでに参加している国がどうなっっちゃっているかをみれば分かりそうなものだが。

 大国の要求を丸のみするしかなくなるのはハッキリしている。

 プラスは5、マイナスは95といった所か。  日本を売り渡すかどうかの瀬戸際。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る