富士山の登山者数が過去最高だそうです。

2010.09.03
「ナナフシモドキ」↓

モドキなんてついてますが、普通のナナフシです。

見た目がそっくりなものに、エダナナフシというのがいますが、そちらは触覚がもっともっと長いのです。

茶色や緑、灰色など、色はいろいろありますが、触覚の長さで判断できます。
 「今年の初ブルーベリー収穫は・・」↓

なかなかしっかりPRしながら開催できませんでした。

最大で25名ほどのご参加を頂きながらのブルーベリー食べ放題は2回だけ。

色づくごとに収穫を開催。後半は鳥にたべられたりもしていたようで、来年は防鳥ネットを6月半ばまでに

張る必要がありそうでした。    2年前に苗を植え、やっと今年収穫だったのですが・・。
 「ヤマボウシ」↓

夏も終わり。ちょうどヤマボウシの実がなる時期。

名の由来は「山の帽子」ではなく、実が若い緑のとき、ブツブツの様子が大仏様の螺髪(らほつ)をイメージさせるから。

だから山のお坊さんで「山法師」。

夏前に、白い花が咲いているように見えますが白いのはガクにあたる部分なので、花弁ではないのです。

花は中央の緑色っぽい玉の部分にある「集合花」がそれです。
 「これが実」

赤い実は、山の実の中でもとくにおいしい種類。

お酒(ホワイトリカー・焼酎)につけて、果実酒にしたりもできます。

実をそのまま食べると、白い種を含みながら、味を表現するなら「りんごとみかんの間の味」(個人的意見)。

なかなかうまいんですよ♪ 味わえる機会もなかなかないかも知れませんから、ちょっと味わってみるのお勧め♪
 「でかっ」↓

手のひらを広げたよりもちょっと大きいぐらいのこの蛾が「オオミズアオ」。

小学生の頃、山の学習でキャンプしたあと、テントから出たら目の前の小さな木にクリスマスツリーの様に

たくさんの蛾がついてて「うひょアワワワ・・」っとビビッた っけなぁ。

黄色のヤママユガに並ぶでっかい蛾です。

自然があるということですね~。

 「これがまた・・・・うまい!」↓

ナイトファームでも登場して、20~30本登場しましたが全て早々と完売してしまったジュース。

なにせ、1本250円もしているのに、1本買った方がすぐもどってきて10本買いなんてのが何度もあった

驚きの味。

味で感動できるなんて、すごいです。
 「これ」↓

このジュースは、まかいの牧場のニンジンが入っているわけではありません。

ドラゴンファームさんたち、有機栽培無農薬野菜を作っている仲間グループ(松木さんもいます)が、

合同で新潟の業者に送り、ジュースにしてもらっているというもの。

ナイトのときもニンジン嫌いな子がペロリとのんで「おいしー」っというのでお母さんが「毎日飲ませたいわ♪」って

こともありました。   作った方もこんなに喜んでもらえるなんてうれしいですよね。
 「富士山登山者過去最高」↓

富士吉田口の登山者が、25万9600名を越えたそうです。(9月に入って26万人こえたのでしょう)

昨年までの統計では富士吉田口が全富士登山者の70%を占めるので、37万人は登ったという計算に。

これでだけ登れば、そりゃあいろいろな問題がでるわなあ・・。全員無料なんだから。

お世話は完全に税金やボランティアだけじゃ無理な人数だと思います。

使用料の1部を利用者負担にするかどうかという議論が盛り上がっていますが、私はアリだと思います。

8月末の週末は、富士宮口の5合目は、未曾有の超混雑だったそうです。

①山道の1本道で、先は行き止まり ②少ない駐車場③皆、登山の日程を決めてきているから諦めて帰る人は少ない

さらに言うなら④異常な暑さで涼しさを求めて ⑤無料だし  って理由でしょうか。

マイカー規制終わりましたしネ。

とにかく有料化は1つの有効な手段ではないでしょうか。   っと個人的に思います。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る