山盛りのジャガイモをお運びいたします の巻

2014.08.19
 「朝、社長と」↓

お盆中は雨に翻弄(ほんろう)され、何度も活躍したカサたち。

干すのも大切なお手入れ。   約250本近くありました。  
 「朝、社長と、5年後を見据えて歩く」↓

3人で場内を歩く。  5年後のまかいの牧場を、どうしてゆきたいかを語りながら。

 「キュウリもぎ食べ!」↓

お盆が過ぎて、平日とはいえ夏休み中。  1000名を軽く超えるお客様が見え、場内はにぎやか♪

きゅうりもぎ食べも出発までに定員いっぱいになり開催!   ありがとうございます。

 「リノンさん」↓

過去のきゅうりもぎ食べでも大きく採用されたリノンさん。

両手にきゅうりをがっぷり持ち、かぶりつくその様子に・・・・   またもや掲載。

きゅうりもぎ食べはあと1週間は毎日できそうです。(金曜日は13:30のジャガイモ堀りがありません)

 「ジャガイモ堀り」↓

(ほ。今日は雨降りのジャガイモ堀じゃなかった・・・)

ジャガイモ堀り、1袋2キロ以上入って500円。思った以上に袋に入ります。

例えば子供さんが2人いて「やだァ。こんなちっちゃい袋で500円もするの?じゃあ2袋にするか・・」っと

考えた方は、たいていあとで「こんなに入るとは・・・1袋でよかった・・」と思う。
 「すいすい掘るのは、経験者のおばあちゃん」↓

誰よりもイキイキしながら、スイスイ掘るのはおばあちゃん。

「なんってったって元農家だからねぇ♪」と嬉しそうに話すその手は、土の中のイモをどんどん見つけてゆく。

経験が活きておりました♪

 「みてー♪」↓

袋にパンパンで2キロ以上。ジャガイモ堀もなくなったら終わりなので・・・

今週末、人数制限しながら終わりかな?  お天気と参加人数しだいです。
 「ジャガイモの山、お運びします!」↓

おばあちゃんを含め、女性ばかりのグループで10キロ以上掘りだし、すごい重さに♪

車までお運びいたします。   ジャガイモサンタクロース。

 「アイスクリーム作り」↓

15:30の、この日最後のアイスクリーム作り。この最中にも何度もザーッと雨が降ってきて、

雨音に驚くことが何回もありました。

こんなに青空が当てにならない夏休みは初めてです。(青空→ドシャ降りを1日に何度も繰り返す・・)

 「あら♪キッチリ!」↓

 
アイスクリーム作りも、お片付けまでが体験です。

っと言いながら、使った道具を箱に戻していただいておりますが、今日のアイス作りのお客様、

実にきっちりとお片付けしてくださっていて、ちょっと感動。 
 「みんなで」↓

動物の学校の学生さんたちに、夜、ちょっとお手伝いしてもらいまして。

「10分手伝って~」と、ヨーグルトを袋詰めする作業を。

皆、素早い手つきで、9分ちょっとにて完了。

みなでワッと作業をするとき、見ていると、いろいろなことがわかる。

・全体を見渡して、今何をすべきかがわかる人。
・一つのことに没頭すると、力を発揮できる人。
・作業の不具合を見つけ出し、修正する人。
・時間を気にしながら、みんなに声をかける人。

人にはいろいろな、良いところや悪いところがある。

リーダーはそれを見出して、良い方向に伸ばしてあげたい。   (言うのは簡単だけど)
 

コメントを残す

ブログ一覧に戻る