拾いものの様な1日 ~種まきDAY~

2015.09.17
「ありがとうございます」↓

広い広いコスモス畑の種まき。穴の数はざっと25000。1穴へ2~3粒の種をまき、土をかける。

種まきは、本当は8月末までに終えたかった。もう2週間半遅れている。これ以上遅れると、開花したら

すぐに刈り取って、菜の花を植えることになる。 無駄すぎる! 

(そして水曜日、天気予報雨のはずが曇りに♬)

ってことで、全スタッフに応援を要請し・・・・・ 総勢16名で残り30%の種まきに取り掛かる。

⇒35分で終わる。   

 応援してくれたみんなのおかげで、開花がズレないで済みそうだ。

  ありがとう!ありがとう!(涙)  これで10月半ばすぎから咲き始める・・・。
 「さらに種まき」↓

道路沿い、先日まで赤ソバが咲いていたところに種まき。長い一直線だが、管理機で行って帰って

種まいて土かけて。  13分で終了。  ※お休みだったサイトウお姉さんもお手伝いしてくださり♬

 「山の暗い畑で」↓

芝の種をまく。  サーッと耕して、種まいて、最後にもう一度サーッと耕す。  早いものだ。

 「ありゃー♪」↓

日暮里の老舗アメ屋さん「後藤の飴」の4代目店主「伊藤さん」。  (・・・ナゼ・・・)( ;^^)

もう15年ほど前にお客様として親子で来場され、交流のある伊藤さん。数年に1度こちらへ来るたびに

偶然道で会ったり、牧場についた瞬間会ったり、ディズニーランドに出かけたらウォルト像の前で偶然

会ったり。なにか運命の糸を感じます。 (その日暮里のアメ屋さんに行ったことも2回ほどありますし♪)
 「山の上の畑で耕しているところで再び会う」↓

山の上にまで来てくださったのは、慰霊碑にお参りするためでした。

デンバーの話で盛り上がる。

※デンバー(昔いた、乗用馬)の事を知っているスタッフはもう私しかいない。

 「落花生掘り」↓

落花生掘り中に小雨が。  でもヘッチャラ。   

おいしすぎる「ゆで落花生」に向かってまっしぐら!     

※やはり、やまのうえの畑は「しなす」多すぎ。若すぎる。まだ実が育つ。
 一応中止にはしませんが、1家族1袋の制限をシルバーウィーク中もさせていただきたいと思います。
 ご迷惑をおかけ致しますが、ご承知おきください。(今日からそのPOPもはり出しておきます)
 「山の上(梅園横)の畑に種まき」↓

梅園の真横の畑。   3期目のトウモロコシを育てた畑。   

菜の花畑用の「コマツナ」の種をまく。  雨が降る中でしたが、畝切って、種まいて、土をかけてゆく。

 「コマツナの種」↓

コマツナも、白菜も、菜の花も、みんなアブラナ科。種はそっくりです。

※まかいの牧場の菜の花畑は、すべてコマツナです。つぼみはおいしくて栄養があり、苦みが少ない。
 花も良く咲くし、花が咲いたら誰が見ても「菜の花」なんですから。
 (「菜の花」って総称みたいなものですが)

 「よっしゃ完了」↓

雨で種が指にくっつきながらも、何とか完了。  一人で2時間ほどで完了。ここだけで約14000株。

 「いいなぁ」↓

種まき器・・・   ごんべえ。  いい名前だ・・       美しい畑を作るためにほちい・・・

コメントを残す

ブログ一覧に戻る