日本の伝統「踏み込み温床」材料集め中

2008.03.04
 「今日は1日堆肥屋さん」↓

朝から農家さんの畑へ堆肥運び。

それが終わって洗っているところです。

牧場から出る堆肥は、まきば農園や場内の花壇・花畑だけでは使いきれません。

そしてコレも大切な資産。

手をかけて発酵させ、良い状態になったら近隣の農家さんに御用聞き。

いまが畑作業のはじめ時だから、必要な時期です。
 「ツリーハウスにハシゴもついた」↓

3月20日には12:00と15:00で完成記念「モチ投げお菓子まき」を行います~♪

ここはグリドンの家。

グリドンは森の守り神。まかいの牧場ができる前からこの森にずっといたんです。

その物語もまたアップしますね。

・・・・20日のモチ投げは、1日に2回行いますが・・・・・

なんと、なんと、なんと!    その日限定・各回1名だけ、このツリーハウスに登れます!!!!

農園の方(昨年でも今年申し込み済み・予定でもOK)限定となっておりますが、

ご希望の方はinfo@makaino.comまでメールでお問い合わせ下さい。

直接お話して決まるかと思いますので、お名前とお電話番号もお願いいたします。

折り返しでお電話いたします。

12:00に1名、15:00に1名のみの超限定。

募集情報はこのブログのみしか発信しておりませんので~。

  「春が近いですね♪」↓

三椏(ミツマタ)の花が咲き始めています。(今朝の羊家の前にて)

私が手に持っているのは昨日「西湖いやしの里」さんの紙職人さんにご好意でいただいた

楮(コウゾ)の皮。

三椏も楮も紙の原料として有名ですねー。

で今は、それを紙の原料にする人が本当に少なくなっているそうです。

製紙で有名な「富士市」の博物館横には民族資料館があり、

そこには三椏や楮から皮をはぎ、紙を作る様子が展示されていて、勉強になりました。

この地域は三椏がわりとふつうに見られます。

 「踏み込み温床の材料集め中」↓

ここ数日、近所の「コイン精米」をまわっています。

目的は「米ぬか」。発酵させるための菌のエサになるものです。

写真は足りなかった「ワラ」をもらってきたのと、

袋に入っているのは「菌」。農園レストランでもお世話になっている「玉ちゃんファーム」さんから

いただいてきました。玉ちゃんファームではキノコをたくさん作っています。そのキノコを育てた後の

菌のまわりきった木のくずを使います。

 「ユキがふってきた・・」↓

またかい。

もう雪かきは勘弁願いたいです。まだ前のユキが溶け切ってないのに。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る