明日はまたナノハナ摘み食べ開催(11:30と13:30)

2008.04.12
 「花が美しく」↓

満開を迎えつつある桜。

土日はハラハラと舞う、花見に最高な様子♪

お弁当とレジャーシートがオススメか!?

写真の手前の白い花は「ユキヤナギ」。

これも舞い落ちるとき、その名のとおり雪が降るような美しさ。
 「テントウムシは天を目指す」↓

ジャガイモ畑で見かけた、ナナホシテントウです。

テントウムシは太陽に向かってどんどん登ってゆくので「天道虫」と書きますー。

ジャガイモには大敵な「オオニジュウヤホシテントウ」はきてほしくないけれど、(葉を食う)

よく見かける他の天道虫は、アブラムシを食べてくれるので本当に助かります。

さ、もう1ヶ月もしたら、毎朝「悪天道虫」を手でやっつけるのに追われます。

そんな事に農薬は使わない!
 「羊の家で子牛が気持ちよさそうに」↓

「現代農業にわかり易い図が」↓ ※無断転載だ。スミマセン

ツクシの生え方です。

スギナとツクシは同じ植物だという図が分かりやすく掲載されていました。

スギナって食べられるとは知りませんでしたよ~。

今年はスギナ食べに挑戦してみますっ♪
 「なぜオオイヌノフグリというのか」↓

私が担当していた「牧場自然ガイド」でもよくお話に登場した「オオイヌノフグリ」。

日当たりのよい草むらなら、どこにでも生えている植物で

青い花は1日で落ちてしまい、いつも咲いているようですがどんどん伸びながら

花が更新しています。

さて、「オオ」は文字通り他の種より大きいから。(タチイヌノフグリなどもある)

「犬のフグリ」はまさに、種が犬のフグリの様だから。

フグリとは○ンタマのこt・・・・いえいえ、「睾丸(こうがん)」の事であります。

写真中央の指先に、「毛の生えたっぽい2つの種子」がそれです。

見かけたら摘んで見てみるとよくわかります。

「牧場自然ガイド」では、目的が「チョット知るだけで自然は違って見えてくる」をテーマに

していたので、身近なオオイヌノフグリは取り上げやすかったです。

ここ数年行っていませんでしたが、この夏はツリーハウスに登れる内容も絡めて

開催予定を検討中!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る