昨年の~種まきから大根白菜を育てよう~の様子  

2010.08.21
★まきば農園のお知らせ★

大根白菜~種まきから漬物まで~の開催日程のお知らせです。
種まき日ですが、当初予定の8月の21(土)・22(日)のほかに29日(日曜日)も追加です。(10時学習館前集合)

その後の日程は
9月25・26日のご都合の良い方で、畑10時集合(土寄せ・追肥)
10月中、ご都合が合うところで1度草取りをオススメします(特に決まった日はありません)
11月7日は畑10時集合でお料理をする予定です!
昨年の大根白菜農園がどんな風だったか、以下で掲載させていただきました。
申込されていない方も当日来場でも大丈夫です。
  ※21・22日はトウモロコシ収穫体験(13:30受付)が開催されますからそちらもお見逃しなく!

「ソバのお世話からソバ打ちまで」・「大根白菜種まき」は21・22日のご都合の良い方ででき、
大根白菜は10時ふれあい学習館前集合、そのまま11:30に畑集合でソバの土寄せをいたします。(両方される場合)

ソバに挑戦される方の今後の予定は、その土寄せの後、9月が花盛りになり、10月10日に刈取り、10月24日に脱穀の予定です。

ソバ打ちは11月20・21日ですが、10:00からと11:30からの2回からお選びいただいております。
定員5組づつなので、希望の日時をお知らせくださいませ。(まだどの時間にするか決めていない方が多いのでいっぱいにはなっておりません)

ご質問などございましたらagri@makaino.com
担当新海までどうぞ。

 「今年の大根白菜はこの中から好きな組み合わせて選べます」↓

18株を育てますが、大根5種、白菜1種の6種類の中からタネを選ぶところから始めます。

※以下は昨年の写真です。

 「種選びの図」↓

どれにするか・・・?選ぶのも楽しい時間。

種は見た目ではわからないので混ざらないように注意注意。

 「タネをまこう!」↓

クワで溝を掘ったら、30センチごとにタネを落としてまいてゆく。

「おおきくなあれ」の気持ちで・・・♪
 「スクスクそだつか!?」↓

農薬は一切使いません。芽の出始めに沢山やってくる、小さな大敵「キスジノミハムシ」には

木酢(もくさく)が有効だ。でも雨で流れちゃうからこまめな散布が必要。

お世話は2回。1ヵ月後に土寄せ+追肥と、10月中のどこかで草取りに来ていただいています。

(こられない場合はこちらで作業いたします~)
 「採れたぞ!」↓

大根と白菜では、白菜の方が難しい。最もよい種まき日が1年に数日しかないと聞いた事もあります。

採ったらすぐにみんなでお料理だ!

 「お父さんも活躍」↓

大根の葉は炒め物、大根1本丸まるすりおろして「雪見鍋」というアイデアを昨年頂き、実行してみたら

旨い! お父さん2人がかりで大根を大量にすりおろして作りましたね~。
 「コレも!」↓

大根の葉と実(根?)をつかって味噌汁も!

白菜は漬物にしましたが、白菜の漬物だけは霜(しも)が降りてから出ないと甘くないので、

漬物作りだけは11月後半に開催。
 「朝どり」↓

トウモロコシを朝6時前に収穫。

種まきからトウモロコシを育てようで、お盆中もこられなかった最後の2家族さんのために♪

朝のほうが甘くて美味しい。
 「今日のトウモロコシ収穫体験」↓

大草原で採るトウモロコシ。ここが今年最後のトウモロコシです。

土日でほぼ終了する可能性高し!
 「お疲れ様です」↓

ベビービーカーで山の上のトウモロコシ畑まで。お母様方、大変お疲れ様でした・・・。

畑の遠さはどうしようもないもので・・・。

ウメでベストショットを撮らせてくれたハルナちゃんたちが、他のお母さんたちも連れて一緒に

トウモロコシへ参加しに来て下さいました♪

 「生でも旨いじゃないか!」↓

そう、この品種は生でも食べられる品種。

でも最も大切なのは「鮮度」。生で食べられる品種といっても、採って何時間もたったら味と食感が

どんどん悪くなる。

トウモロコシは鮮度が命。
 「先週完成」↓

ソーラーキャップから、セットを外して、麦藁帽子につけた。

ソーラーストローハットといったところか。  

オデコに「フーッ」と風が来つづけるのが、こんなに涼しいなんて!♪小さいのに侮れない。

電池不要!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る