月曜日、枝切りしかしてないので、お家の話題を+。

2015.01.20
 「富士山の美しい日」↓

冬は毎日富士山がきれいです。晴天率70~80%という所でしょうか。

夏は逆。富士山がババーンと1日中見える日は、1夏で2~3日しかない。

「富士山が見える感動」をお客様にお伝えするのもスタッフの大切な役割。

お客様の会話の中で、「夏は全然見えないんですよ~」と伝われば「今日来てよかった」という思いが強まる。

目の前のことに幸せを感じられたら、幸せな人生にまた1歩近づくのではないでしょうか。
 「月曜日の朝は」↓

馬飼野社長と場内巡回。未来の牧場をイメージしながら。

 「イチョウを ズバン ズバン 切る」↓

入り口入ってすぐの銀杏の樹。大きいものは高さは15メートルくらいか。 ものすごい高さです。

威風堂々は良いのですが、大きすぎて、下が暗くなってしまいすぎ。 つめる必要がでまして・・

樹には悪いが、枝を切らせてもらいました。  ・・・・ものすごく切りました。
 「このありさま」↓

イチョウは強いとはいえ・・・   なんだかすまない。

まあ、イチョウは生命力がメッチャ強い。

まき(30センチ)の長さに切った銀杏の木の棒を、地面に半分埋めておくとまた葉などが生えてくるほど。

こんなに切ってもすぐ茂ります。         でも、なんだか・・・すまない・・・。

    ※この木のてっぺんの写真↓
 「枝切りした木のてっぺんの1枚」↓

この木だけは、数年前の台風で上半分がバッキリ折れたのです。

それで、この部分から切りました。

 「おうちでやってみた」↓

先日、馬飼野社長からネタとして教えてもらった「雪見大福の作り方」をお家でやってみた。

(月曜は木を切る以外の事をやってないので、牧場のネタがなかったし♪)

使うものは・・・ ①モチ ②牛乳 ③グラニュー糖 ④片栗粉  あと、クッキングペーパー。

まず、器にモチを入れ、牛乳をバシャっと(適当に)入れたら、電子レンジで2分ぐらい。

    「雪見大福作り」↓

スプーンで牛乳と練り混ぜます。

モチの粒がある様なら、もっと電子レンジにかければOK。

粒がなくなったら、グラニュー糖をザッと入れて混ぜる。(これも適当・・・)

クッキングペーパーに乗せて、広げる。  雪見大福のカワです。
 
   ※均一に広げる。多少厚みがあったほうが包みやすいようです。

広げたら、冷凍庫へ。  (冷蔵庫ではダメ。冷凍庫で)
 「バニラアイスを載せる」

バニラアイスをのせて包む。

イチゴも入れてみた。

※皮が冷たくて、クッキングペーパーからはがれるウチに、外側になる側に片栗粉をまぶす。(指先も)
 
 「ひっくり返して完成」↓

親子クッキングにちょうど良かった♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る