月曜日は研修で東京へ。

2011.11.15
 「朝5時半すぎ」↓

酪農教育ファームのスキルアップ研修会という勉強会が東京駅の八重洲であり、日帰りで行ってまいりました。

北は北海道から南は長野・静岡あたりまでの酪農家さん達が50名ほど集結。

どの方も、そのまま壇上で講師になれるほどの方々が集まり、研修会が行われました。

 「研修風景」↓

酪農家だからこそ持てる視点と、経験に裏打ちされた生の言葉の大切さについて学び、

命や食の価値を肌で感じられる我々牧場は、日本の将来の為に皆で頑張ろう と盛り上がりました。

朝霧の酪農家Nさんの「俺たちは毎日ドラマの中を生きているんだ」という言葉が印象的でした。
 「口蹄疫分布マップ」↓

アジアが真っ赤。伝染病の口蹄疫分布マップ。

でも空港では十分な消毒もなく、らくらくと、やすやすと出入国されている現状があります。

お隣の国からどんどん人を呼ぼうという、政治的な国策。

それなのに、病気が発生したら牧場の防疫管理が悪いと言われる。 いい加減にしてほしい。

という声も多数上がっていた。
 「えがお」↓

指が・・・笑っている・・・         

スミマセンショウモナイネタデ。左の薬指の関節が、怪我でいまだに腫れたままだ・・。
 「ライトに水滴」↓

ライト内に水滴が・・・でもあけ方がさっぱりわからなかった・・・  サビチャウ。

でも本当に分からなかった。
 「スグレモノ」↓

大根を30秒で細切りのサラダの山にしてくれる、超すぐれもののこの道具。

「すぐ食べ」の3杯酢漬けにする際に、一瞬でプラスもう1品、「サラダ」も味わえるのです。

※わたしんちからヨメに無断で持ってきた( ;°Α°)ハハハ・・・

 「ミツイお兄さんの成果」↓

屋根の上にヤギさん。もう自分たちでヒョイヒョイ登ります。

毎日ミツイお兄さんが餌持って慣らしていった成果なのですヨ。

※手前の1頭がいい顔をしている・・・♪

 「コスモスチョキン」↓

ハチに種蒔いたコスモスは、花が終わったものをチョキンと切る。

こうすると、終わってヒョロヒョロ伸びたモノを取り除くのできれいだし、何よりもこの後咲く花が

綺麗に、沢山になる。
 「剪定(せんてい)は植物のエネルギーを調節すること」↓

花が終わったら枯れてゆくようにしか見えないかも知れませんが、じつは「種を作る」というのは

すごくエネルギーを使います。だから花の咲き終わった部分をすぐに切り取ると、種を作るのに使う予定だった

エネルギーが、次の花を咲かせたり、大きくしてくれたりする。(写真↑のように)

それがエネルギーの流れを調節するということ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る