木登りスポーツ「ツリーイング」

2014.06.15
 「エンドウマメの収穫すぐ食べ体験」↓

採ってその場でゆでて食べる。「採り立ての甘さ」を楽しんでいただける体験ですが、

収穫期間が結構短い。

※ジャガイモの収穫がおそくなっております。葉が枯れ始めたら収穫適期。

 「ゆでる」↓

えんどう豆の若いうちは、さやのままゆでてサックリ食べられますし、大きくなったものは

しっかりできた種がグリーンピースとしておいしく食べられるのです。

ご飯に混ぜて炊く、豆ごはんもおいしい!
 「アレルギー」↓

「俺は、カモガヤって草がアレルギーでダメなんだけど、どんな草?」と聞かれた。

周りには見当たらなかったが、ヒツジの放牧場に行ったときに見つけたので、とってきて本人に見せる。

風媒花(風で花粉を飛ばして繁殖する植物)なので、相手が風下にならないように注意しながら見せる。

苦しさは本人にしかわからない。アレルギーって体質の問題の場合が多い。周りの配慮と理解が必要です。

 「ツリ-イング」↓

 「ゆうなさん(6歳)」↓

階段が登れる人ならば、どなたでもどんどん木登りができちゃう!それがツリーイング。

それをしないと体験できない「空気と景色」を楽しんでいただきたいのです。

※10歳までに、自然の中にはいるなど「原体験(げんたいけん)」を積むことが、人格形成を左右するとまで言われます。動物に触れたり、土を触ったり、木登りしたり。子供のうちにたくさんの素敵な経験を
積ませてあげたい。

 「金太郎さん」↓

先日、浜松ガーデンパークさんに家族で行った。パフォーマーさんの金太郎さんがそこでも公演中だった!

っと思ったら、ブーブーさんという別のパフォーマーさんでした(汗)。

金太郎さんに話したら、やはりお知り合いでした( ;^^)。

お二人とも、今年中に海外へ放浪武者修行にゆかれるそう!(金太郎さんはいよいよ来月から)

志を同じくする仲間がいるって素晴らしい。

 「夜」↓

社長直々にセミナー開講!

目的はお客様の気持ちに寄り添うため。

みんなの想いの方向性をそろえ、問題点(改善点)を洗い出し、それを実現させてゆく。

そのための第1歩が土曜日夜でした。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る