桜は手をかけなくては。

2010.03.06
 「朝から」↓

桜の消毒。昔から「桜切るバカ、梅切らぬバカ」といいますが、桜は傷つけると病気が入ったりしやすい。

牧場の桜も「テングス病(枝が集中してバッサと生えてそこだけ花が咲かない病気)」の部分を造園屋さんに

切除してもらい、仕上げの消毒が必要になりました。

ウィルス性の病気で、周りの樹にうつります。枝切り口も消毒した方が良く、切った枝も置いておくとダメ。

完全に燃やすのが良い。

 「なかなか便利なコレ」↓

草刈用の前掛けのようなこれ。カイン○ホームで買ってもう2年ほど経ちますが、良いです~。

 「その後ろ側」↓

尻側があいているのです。コレにカッパの上を着れば、通気性は最高♪

ちょっとの雨や、汚れ仕事には重宝しています。

 「5日の牧場内」↓

幼稚園さんがお別れ遠足で遊びに来てくださっておりました。

活気があってよいなあ!

 「すげえ」↓

自宅ネタですが・・・このひし餅、防腐剤無しなのに1ヶ月以上常温でもつそうです。スゴーイ。

もちろん着色料も合成でなくよもぎやベニバナ。悪いものゼロ。

「袋の中は酸素が無く、カビないようになっています」と表記。

こんな食品が増えますように・・・と思いながら買いました。  秀作だ。
 「ペロペロペロペロ・・・」↓

ボブ塩なめ。  なめているのは「鉱塩(こうえん)」。

塩をメインに、マグネシウムやセレンなどミネラルを添加した動物用補助飼料。

動物によっては美味しくて食べ過ぎるので、粉末にして餌に混ぜたりもしています。

ペロりとなめると、塩辛いですよ~。(動物の学生にはやらせる。私も学生時代なめました・・)

 「カップ回収BOX」↓

ヌカヤさんがかわいいイラストをつけながら、カップ回収箱を作ってくれました。

 「こちら」↓

やぎの砦には回収場所が無かったので、カップを放置してヤギがくわえたり、入口横に積んであることが

あったので作成。キレイに回収して何度も使えば、無駄がない!

 「ジャガイモ植付けはいよいよ来週!」↓

今年最初のまきば農園「育てて食べよう!」の第1弾、「ジャガイモ」が始まります!

定員35組で、現在31組の申込。まもなくいっぱいになりそうです。

詳細を見てから決めたい、ご質問などはinafo@makaino.comまでメールを下さ~い。

担当新海まで。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る