桜レポート(今週末の12日が最高!)

2009.04.08
今日もあった方に「みてますよー、ブログ♪」とおっしゃっていただいて

皆様に支えられている事を実感しました・・。いつもありがとうございまっす♪
 
今朝もラーメンどんぶりでご飯をモリモリ食べながら更新中!     ・・ギョウギワルイ・・
 「まかいの牧場の桜」

八部咲きといったところでしょうか。樹によっては満開もありますが、ハラハラまい散るにはあとすこし。

つまり12日の週末は花盛りのハラハラまい散る最高なお花見週末!花見グッズ持参をお勧めします♪
 「こんなものもおいてみた」↓

お手製で荒っぽいつくりですが、満開の桜をバックに写真がとれるよう、乳搾会場においてみました。

カメラの台です。

 「午前中は堆肥のデリバリー」↓

トラック1杯山盛りで3000円。一般的に5000円なので、安すぎる感も。

有機栽培農家さんや、地域の「~区農園」さんなどからの注文が多いです。
 「ドバッと」↓

こちらの畑ではジャグァイモが、手のひらを広げたぐらいの葉を広げていました。

 「ヤギの秘密」↓

よく見るとあごの下に、なにやら「袋」がぶら下がっている・・

 「こちらはないですね」↓

上の写真にあったのは「肉のヒゲ」と書いて「肉髭(ニクビン)」とよばれる器官。

なぜあるのかはっきりとは分かっていない!肉髭の中身は脂肪。先祖がえり的なものではないかと。

触るとやわらかいです。

 「タケノコはいつ竹になるのか」↓

タケノコは「皮がとれたら竹」と言われます。約30日で竹になるのが普通。

伸びるのはすごい速さ。モウソウチクでの正式記録で1日で1メートル伸びた記録があるのです。

 「まだだなあ・・・」↓

今日も「今日は何か収穫体験ありますか?」というお問い合わせがありました。

4月の「タケノコ・シイタケ」はお天気しだいの気まぐれ収穫。気温と雨の有無が大きく影響します。
 「出番を待つこのマシーンは」↓

この機械の名前はモスキートマグネット。蚊やブヨを集めて吸い込んで閉じ込めてしまう器械。

整備して、いつでも使えるようにしました!もう暖かい日にはでることも・・・。

 「夕方堆肥作り」↓

きりかえしと呼ばれるこの作業。空気の好きな、堆肥を分解してくれる菌のためにかき混ぜるのです。

発酵熱ですごい湯気。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る