梅剪定佳境

2011.01.22
 「軽トラックが今、使えないので」↓

農園軽トラックが、使えないので歩きで山へ。  

ヒイハア。  (((( ;゜д゜))))

 「橋に油が」↓

馬飼野会長(牧場創業者)が橋の管理の為、油を塗りこんでこのように。

手作りの橋が2つありますが、人も車も通れる丈夫な橋!

乾燥したこの時期に廃食油をしっかり吸わせると、木がいつまでも長持ちするのです。(お金かかりませんし)

いまヌルヌルしていても、数日でサラサラになります。
 「剪定前」↓

 「剪定後」↓

サンプルがイマイチですが。

 「剪定前は」↓

徒長枝と呼ばれる、伸びることに特化した、まっすぐ天を突くように伸びる枝は 基本全部切ります。

短花枝や長花枝という、花→実をつけさせる枝をどう残しながら、調整するかが大切です。
 「剪定後」↓

ズバズバ切ります。

もし切らないと、木がどんどん大きくなる+茂りすぎて実も花もなくなってくる・小さくなる等

放置して良い事は無いのです。
 「これが怖いんだな~」↓

脚立をつかいますが、厄介なのはモグラの穴。

脚の部分に穴があると、めり込んで倒れたりすることも。

穴が浅ければ乗ってすぐ分かるのですが、少し深いところにトンネルがある状態だと上に登って作業をしている

ウチにゆっくりと倒れ始めることも。  危ない危ない。

 「会長と」↓

馬飼野会長と来年の打ち合わせ等も。

 「花畑」↓

シオシオの様ですが、大丈夫。小松菜は大根かと思うほどの強い大きな根で、地中深く伸びています。

3月には「菜の花摘み食べ」が今年もできる! 楽しみですね~。  あれはウマイ!
 「武器完成」↓

29・30日の節分でお待ちしております。  13:00から中央広場で!

 「ヒョロタマネギ」↓

水がなさ過ぎる・・・。 タマネギがひょろついている。

すでに根をしっかり張っているのでまあ大丈夫(?)なのですが・・・1回降ってほしいかな。

 「始まっております」↓

始まりました。「何が」かは、もうちょっとヒミツ♪

※劇的な試合内容で、カタールに勝ちましたね~!
 おめでとうございます~っ♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る