深まる秋、近づく冬。

2009.11.11
 「おばけカボチャ種、仕上げの乾燥」↓

1週間近く良く乾かしました。これでこのままビニールに密封して・・・

     も、カビが生える事があるほど、湿気を吸いやすいのです。

イメージとしては「封をあけたカッパエビセンを春までぱりぱりにしておく」って感じ。

普通に密封したぐらいでは不安。そこで今回は押入れなどに使う吸湿剤を使用。3個入りで258円だ!

 「コチラも乾燥中」↓

コンニャクイモ。12月の5・6・12・13日にコンニャク作りをしますが、これは春に植えたものです。

※今年のコンニャク作りはすでに定員(16組)いっぱいになっております。
 「放牧場からの眺め(10日午前中)」↓

久しぶりに雲が出て、チラリ富士。

これはこれで綺麗だなあと。

 「今日のニンジンひっこぬき&まるかじり」↓

ニンジンは今度の土日でおしまいになりそうです。(畑になくなるので)

「次の収穫は?」と最近良く聞かれますが(今は特に種類が多いので)、これから大根・白菜の最盛期を

迎え、その後は間があいて、2月末~4月上旬(春休み終わるまで)ぐらいで「ナノハナ摘み食べ」です。

 「お、いいショット♪」↓

いい笑顔です~。マナト君の1枚などの「来年の看板候補」に加わりました~。

 「ヤママユガが死にそう」↓

駐車場でヨロヨロしていました。

卵を産んだ最後の時間なのだろうかと思い、冬の訪れを感じました。

※あ、私ワリと蛾が苦手なので、元気な時期にはこんな近接撮影不可。 種類には興味あるんですけどね・・
 あのパタパタ加減がチョット・・・
 「新・カメの家」↓

ケヅメリクガメは寒いのが苦手。ヒーターつきの家がもうじき完成です。

営繕のおじさんが一生懸命作りましたよ~。

 「大根ひっこぬきだ!」↓

大根は自分の力で引っこ抜くのがいいですよね。

ところで、白菜って人気が低いんです。

まきば農園開始した4年前年、白菜収穫体験と大根収穫体験で分けて開催したトコロ・・・
大根は人気なのに白菜はだーれもこない。(「ちょうど家のがなくなるわね」とお母さん主導での参加多し)

そ・こ・で、次の年から白菜と大根を同じ畑で育てるようにしました。

両方ともすごくおいしいんですけどね。

 「サツマイモも袋いっぱいだ!」↓

しばらく雨が続く様子。富士山は少ししか見えませんでしたが、笑顔がいっぱいのサツマイモホリでした。

これももうすぐなくなりそう!今週末まで晴れなら終了となるところでしたが、雨のせい(おかげ!?)で

もう少し長くイモホリできそうですー。

 「ムベのシート外し」↓

去年はすべてからすに食べられたので今年は防鳥のためにブルーシートを張りました。

初めは防鳥ネットを張ろうとしたのですが、絡まるだけで作業が出来なさそうだったので変えたのです。

効果はバッチリ。日曜日には多くの方に貴重な味を楽しんでいただく事ができました。

 「羊が帰る瞬間」↓    (ヒツジアイ ピカーッ!)

ムベの片付けを終わったところで、アンザイお兄さんが羊と駆け戻ってきました。

これから夕方のエサあげです。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る