激ウマ枝豆間もなく終了! + 畑作業色々

2013.10.09
 「朝馬運動」↓

秋は空気が澄んで、雲も高層雲が出やすい。 それで「天高く・・・」ということわざが出来た。

秋らしい風を感じる、すがすがしい朝。

※アカツキを調馬索(ちょうばさく)で運動させるミツイお兄さん。↑
 「枝豆収穫体験」↓ ※キムラお兄さんレポート4枚

7名の方にご参加いただきました。

食べるまでわからない、とりたての甘さを知ってしまうと、やみつきになってしまい、手が止まりません♪

 「大根畑」↓

山の上の大根畑、土寄せが終わりました。(キムラお兄さん頑張った)

平らだった地面から生える大根の葉。土寄せすると、土の中に水や空気が通りやすくなって

根の張りが良くなる。つまり、育成がグッとよくなってきます。

だから畑には畝を作るのです。
 「洗う」↓

使い終わった看板を、吹き矢会場の受付スタッフに白く塗ってもらう。

でも土で汚れたものを渡して、「おねがいね」では失礼すぎるので、綺麗に洗ってから。
 「トラクター」↓

牧草の種をまく予定地(牧場から車で20分ほど)を耕す。 慣れぬトラクターでおこす。

 「そこへ・・」↓

馬飼野社長が様子を見に・・・・来てくださった。     こんな遠いところへ・・・♪

今、多忙を極めているはずなのに。

 「社長撮影」↓

こんな場所でこんなトラクターにて耕す。

草の根がすごすぎるので、来週また、最後の耕しが必要な様子。    1回雨降れ。
 「続けて、逆の作業」↓

牧場に戻ったら、今度は逆の作業。

畑だったところを、重機で踏み固めて駐車場にするための準備。  

ここは来年のゴールデンウィークに駐車場として使用した後、再び畑になる。(予定)

 「夕方の富士山」↓

火曜日は、車を止めて写真を撮る方の姿が多くみられました。

 「薪(マキ)」↓

薪の販売も農園担当で進めております。

第1段は、シンカイクオリティで、見た目も悪いグチャグチャなまとめ方だった・・・(すみません!)

ということで、見た目と運びやすさも考慮した薪のまとめ方(針金の縛り方)に改善。

これなら、野菜等販売コーナー「富士山マルシェ」にだせるかな。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る