片付けで半日。軍手で2時間。

2015.10.14
「おっかたづけー」↓

朝から全力で片づける。もぐもぐフェスティバルを。

テント、テーブルなどの大物から、旗や看板、ペグなどの小物まで、次回使いやすい様に注意しながらしまう。

昼までかかる。
 「農園の片づけモノも」↓

掘り立てお芋をふかした方も20組ほどあったので、そのアミを洗う。

ゆで落花生ならサッと流すだけでよかったが、サツマイモをふかした場合は丁寧に洗い流しながら綺麗にする。

水を切って、乾かしてからしまう。次の土日のために。
 「ついでに直す」↓

片付け中に、壊れた延長コードが出てきたので、お昼にチョチョッと直す。

後回しにしないことが肝要です。なんでも。    (私、基本、後回しにする人間なので・・(汗))
 「サツマイモ堀り」↓

サツマイモ堀りは4家族さんほどで開催~♪  平日はユッタリしたものですw 

毎日13:30から芋ほり開催中!

 「初冠雪の富士山をバックに」↓

↑勝手に台詞をつけるなら・・・  

「私はこれ!おっきいの♪!」  「・・・・・ボクはこれ・・・」

  ま・・まあ、いろんなお芋がでてくるさ!
 「山」↓

農園の方の分と、昨日の芋ほり分の軍手。  約250名分。

軍手はそのまま洗濯機に入れると何回やっても綺麗にはならない。土だらけ。

事前に、大容器に入れて手でグルグル回して水を捨てる予洗いを10回以上する。 それを2回分やる。

1個づつ洗うよりははるかに速い。

 「よし、洗濯機にGO!」↓

洗濯機へ向かう、軍手たち。  洗濯機3回分。

一輪車で運ぶ。

 「お、イモムシ」↓

プティッとね。    殺虫にはテデトールでなく、「ユビデプ・ティット」を使って退治する。

すまないねー。
 「ゴホ」↓

ハタノお姉さんが乾草(かんそう)をカッターにかけていた。すごいホコリ。

エサの草を短く切ることで、エサ箱から外に引きずり出して、踏んで、食べなくなる分が減ります。

※反芻する動物の場合、3センチ以下に切ってしまうと、反芻がしにくくなると言われています。 
   ま、喰うけどね!
 「冠雪の赤富士」↓

ここ2日ほど、富士山が美しい!   

夏はこんな富士山は全然見られません。  スタッフは、それをお客様にしっかりお伝えして、

「今日こんなに見られるのはラッキーだ!」とお客様に知っていただくのも大切なお仕事。

すべては、お客様の「今日、ここに来てよかった!」という喜びのため。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る