牧場でこんにちはのジャンケンゲームに・・そんな方法があったとは・・

2015.12.11
「山盛りの や・さ・し・さ💛」↓

水曜日の山梨への日帰りお出かけは、牧場スタッフは一人も行けなかった・・。

で、お菓子を(一袋)お土産にしてもっていったら・・・

みんなが同じ事を考えたようで💛   すげぇ山盛り💛

 「道路清掃」↓

道路清掃後半。15名ほどで、牧場から下へ3キロほど。

感謝の気持ちの発露。
 「一番ゴミがひどいのは・・」

ゴミの多いところは、暗く捨てやすい所や、車を止めやすい所。

綺麗にするようになったら、集まるゴミは年々減ってゆきました。今では軽トラ軽く1杯です。

(※清掃を始めたころは、1日でダンプに山盛り×2日分でした)

手に持っているゴミをその辺にポイポイ捨てられる人の気持ちは一生理解できません。

拾う側に立てば、そんな気持ちは強くなることでしょう。
 「清掃センターに持ってゆく」↓

富士山の裾、富士宮市の清掃センターへ集めたごみを持ち込む。

燃やすものをためる部屋はものすごく広い空間。 ちょっちゅのぞいて(写真撮って)みる。

90㍑のゴミ袋がちっさく見える!
 「天空の・・」↓

営繕のオジサマのお仕事が立て込んで・・・・ イチョウの小枝を切りまくる、天空の馬飼野社長。

収穫体験の際、お客様に紹介した。     (するな)
 「たっぷりゲット♪」↓

大根収穫の際、葉っぱがたくさん手に入ることがあります。

レストランから大根希望の注文が入ったら、コンテナ一杯の大根を届けます。

そんな時だけは大根葉が採り放題。   たまーにあります。

 「新手」↓

挨拶とジャンケンのゲーム「牧場でこんにちは」が先週から始まっております!

ルールは一つ。(お客様同士で)じゃんけんをして、勝った方が相手からカードを1枚もらう。

5色そろえると、「ごほうびカード(施設利用券)」と交換できます♪

小さな子が相手で、勝ったとしても、絶対にあげたりしてはダメ。それでは成長の機会を奪う事になります。
私の友人が、ママ友と一緒に子供さんを連れて来場! ↑

友人がジャンケンの前に(私へ)一言・・・ 「この子たちは『グー』しか出せないの♪」




・・・・・・  じゃんけんポンッ!

     『ピー』しかだせねぇじゃねぇか!     

 「13:30の収穫体験」↓

みんなでホックホク!  日本1のサツマイモ堀り、今週末もまだあるぜ!

 「注文を受けまして」↓

コンテナ一杯の「おでん大根・味福」を、牧場のレストランにお届けします。

おいしくお料理して、お客様に届けてください!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る