牧場で見つけた緑色のサナギ

2012.03.20
 「みんなのニンニク畑」↓

昨年植えた皆様のニンニク畑。(19日撮影)

5月末には食べるラー油作ったり、ホイル焼きで食べましょうね!

 「コムギよし!」↓

シカに食べられていたので電気柵を張ったが、効果が一目瞭然。

一切食べられなくなった。もう半月早くするべきだった・・・。

 「オダジマお姉さん」↓

トラクターを運転する女性スタッフ3代目の、オダジマお姉さん。

先日もここで「直接応援コメント」を頂きました。ファンの方々ありがとうございます♪

 「クッキー」↓

なかなかのクッキーを発見。

「これ、スノーチャペルなんです」と製作者のコユル君サユル君のお父さん談♪
 「ウール工房前のツツジで見つけたもの」↓

この繭(まゆ)は、「蛾(ガ)」の繭です。

成虫の名前は「ウスタビガ」。この幼虫は、いぢるとネズミのように「キュー」と鳴きます。

そのキューキュー鳴いている様子の、ユーチューブ動画はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=2tBCAf_72pY

 「四季報春号表面」↓

 「四季報春号裏面」↓

 「農園部分のアップ」↓

ジャガイモ畑の植え付け日が増えましたが、のこり2区画。ご希望があり植え付け日が増設され、

最終植え付け日は本日20日と、今週末の3月24(土)・25(日)日で締め切りとなります。

ご質問などはagri@makaino.com担当新海まで~。(または0544-54-0342)

※TPP問題について
 毒素条項と称される、「ISD条項」。
 これは「投資家・国家訴訟条項」の事です。
 つまりは、企業が国を訴えたり、国が企業を訴えたりできるようになるキマリです。
 国内法よりも「威力が上」に設定されます。

 たとえば日本国内で「子供たちの給食に遺伝子組み換え作物は使わない」という法律が、違法だと訴え
 られたりするわけです。(他の医療やサービス・保険や労働などもすべて同様)

 これまでのデータでは 投資家(カナダ・メキシコ)→アメリカ政府 の訴訟件数は15件。
 このすべてでアメリカ政府が完全料勝利を収めています。

 逆に、投資家(アメリカ)→政府(カナダ・メキシコ)の訴訟では合計29件。
 このうち完全に結果が出たものは、アメリカ政府が7勝11敗。(不成立や取り下げが多くあった)

 メチャクチャに偏ったパワーバランスと言わざるを得ません。  (参考資料3月15日農業新聞)
  
 この条項がTPPに入っているとは、TV・新聞ではなかなか報じられません。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る