牧場には素敵なドキドキがあふれていました♪

2014.04.04
 「しゅんた君のキッズワーク①」↓

昨日も来てくれたしゅんた君♪ キッズワークに挑戦してみて、ワクワクが盛り上がり、今日も挑戦だ!! 

こちらはトラクターバスの出発前安全点検&掃除&エンジン始動等。

※乗車して下さるお客様の事を考えながら。相手の事を考えるのがおもてなしの第一歩。
 「しゅんた君のキッズワーク②」↓

入場券売り場では、パンフレット(場内案内)にアンケートはがき等をはさむお仕事や、

入場券をお客様に販売等、入場券売り場のお仕事を、「体験する」のでなく「手伝う」。

ここがポイント。

 「しゅんた君のキッズワーク③」↓

バター作り体験の用意。   出来上がったバターを塗って食べるクラッカーを用意するおしごと。

キッズワークは、お仕事体験ではないので、スタッフが最初から最後までつきっきりで温かく見守ること

が大切なのではなく、お仕事の「目的とやり方」を伝えて、「手伝ってもらう」のが肝要。

つかず離れずの距離で。

ともすればただの「スタンプ集めごっこ」に陥りがち。それはキッズワークの目的とはちがう。

働く事の「楽しさと目的(意義)」を知ることで、大人への準備を1歩進める。そんなキッズワークにしてゆき

たいのです。  でもまだまだ始まったばかり。

ミツイお兄さんを企画リーダーとして、キッズワークはこれからも進化してまいります。

皆様どうぞよろしくお願い致します。

 「しゅんた君のキッズワーク④」↓

やった!

キッズワークでの労働の対価として手に入るのは・・・「まかいのコイン」。

牛乳のフタで出来ているのもミソ。 牧場内であれば500円として使えます。

2日間頑張ったしゅんたくんはウサギの人形を手に入れる事が出来たようです♪ 頑張りりました!

※それを辛抱強く横で見守り続けたお父さんお母さんにも拍手を送りたい・・・・

 「あちらもこちらもドキドキ」↓

産まれて初めての場内放送案内に挑戦している瞬間。新人さんはどんどん新しい事に挑戦します。

そのシーンをサポートすることで、昨年の新人さんも先輩になってゆく・・。

※火曜日は、私が下見様(幼稚園さんの遠足や学生さんの旅行等)のお相手を一人ですることになったので
 動いているうちに場内のいろんな「ドキドキシーン」に出会うことができました。
 そんな私も、何組もあった下見様受け入れについて手違いを起こさないよう内心ドキドキしながら。
 (ドキドキを表に出してしまっては、相手に不安を与えるので余計に・・・ドキドキ)
 「ご教授」↓

まかいの牧場の陶芸工房を立ち上げた一人、現在遊具担当のヤマグチおじさん。

雨だったこともあり、陶芸体験のイロハを新人さんも含めて教えて頂きました。
 「作った♪」↓

私もビアカップ作ってみました。  拙い作品ですが、ディスプレイ用の見本に採用されるかな?

 「ドキドキの学生さん」↓

動物の学校の学生さんが、勉強の為に住み込み実習。(今回は2週間ぐらい)

馬の脚の洗い方や目的等を、新人のヨシダお兄さんが教える。   

 「こちらは」↓

牛の乳しぼりについて、夕方のミルカー(搾乳機)を使っての搾乳を見せながら学習。

最近仕事に安定感が出てきたケイシおにいさんが、丁寧に教える。

搾る方法と目的を。

※今日は上の娘の入学式で、なんだか熱が入ってコメントが長くなっちゃいました。
 読みにくくてスミマセン・・ ( ;^^)
    読みにくいのはいつもか!? ∑(・□・;)

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ブログ一覧に戻る