牧場に響く、ジャスミンちゃん(ウシ)の裏声。

2013.01.23
「ウサギ広場」↓

ウサギ広場にはウサギ40羽ほどが暮らしています。

ところでウサギはなぜ「匹」でなく「羽」で数えるのか?

昔(明治以前)は、仏教の影響で、日本では四足の『獣』を、食べる事(殺生?)を禁忌していました。

日本では『動物全体を食用にする事を禁ずる』のではなく、『魚貝類』や『鳥類』は、何故かOKだったのですが、

獣肉は、『薬喰い』と称して、表向きは細々と消費されるに過ぎませんでした。

当時、獣肉の中でも『兎肉』は、比較的手に入りやすかった為、既に人々の生活に定着し、

いまさら食用を禁ずる事ができませんでした(結構、大っぴらに食べられていたようです)。

そこで、ウサギの耳を鳥の『翼』に見立て、無理やりウサギを鳥の仲間として見る習慣が始まったようです。

ウサギの名前を、『ウ:鵜』と『サギ:鷺』に分けて、鳥の仲間とする説もあるそうです。

他にもウサギの数え方としては、有名な『羽』の他に、『翼』や『耳』が知られています~。
 「掃除!」↓

ウサギ広場の山を掃除する。  ちょっと汚れがたまりすぎ・・・

 「カメさんのおうち」↓

ケヅメリクガメの「ダイちゃん」の小屋の屋根を赤く塗る♪

小屋の中には、熱電球があり、中はあたたかい。

「ケヅメリクガメは16度以下にしてはいけない!」と複数の専門書に書いてあるし。寒いのは命にかかわる。

生息している地域は暑い国ばかり。エリトリア、エチオピア、スーダン、セネガル、ソマリア、チャド、

ニジェール、マリ共和国(今話題の・・)、ブルキナ・ファソ、ベナン、モーリタニア等。

開発による生息地域荒れや、乱獲の等もあり、今は国際的に「野生種の輸出入は禁止」となっております。

2000年の時点で、2万頭弱が地球上に生息していると・・・・他に書いてあった(エヘ)。

どうやって数えるんだろうか。

 「んモホォ~ッ」↓

ジャスミンちゃんが「んモホォ~ッ」っと鳴いている。  独特な、鳴き声の最後が裏返るような感じだ。

これこそ、発情が来たときの鳴き声。(その瞬間を激写した!)

 「ウメの木」↓

剪定前。はよ切らな。

 「やっと開始」↓

やっと・・・・梅剪定開始。   剪定適期は11月から1月までぐらいかな。

                                        ギリギリやん。     
1本終えるのに、慣れてきても2時間以上かかったりする。

本気でかかりたいが、なかなか時間がとれないニャー。
 「業者さんがお見えで」↓

梅剪定作業途中にも、印刷会社の方や、業者の方が見えたりして作業ストップ。

予定していたものでしたが、作業の手がとまるには変わりない。  

牧場にはいろいろな仕事がある。
 「ウエダさん」↓

器用で、人格者でもあるウエダさん。  他のスタッフからの信頼も厚い。

「ウエダさんに頼めば間違いない」と異口同音。

普段から「この仕事はどうやったら、よろこばれるか」を考える人だからだ。私もそうありたいものだが。

2000年問題の様に、確実にやってくる問題がある。

ウエダさんは年齢的に長く仕事を続けるのが難しいかもしれない。代わりがいないのだ。

それが「ウエダさん問題」。   どこの会社でもそれに近い問題は・・・たいがいありますよね。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る