牧場の定休日・・

2012.12.12
 「1枚目からすみません」↓

動物は物言えぬもの。飼育担当は、あらゆることから体調を察知せねばなりません。

いつもとる行動をとらない、呼吸が荒い、そわそわしている、元気がない、体温が高い、食いが悪い、

目の輝きが違う、毛なみなど色々ありますが、まず1番に分かるものの1つが 「フン」。

特に子供ほど、体調を急変させることが多い。(人間と同じです)

「飼育員は後ろにも目を持て」と言いますが、5感を駆使しして初めて「第6感」を働かせられるとも。

   まぁ、仕事は何でもそうなんですけれど。

※写真の馬の糞によると・・・イーグル君とスノーチャペル君の体調はバッチリだ! 
 一般的には落ちた衝撃で「モロッ」と割れるぐらいがちょうどよいとされます。

 「ウシの乳しぼり」↓

ウシの乳しぼりや乗馬では、小さい子であっても男女の差がハッキリ出ます。

以前 はやった本に「地図の読めない女と人の話を聞かない男」という本がありました。(ピーズ夫妻著)

私が馬担当だった際、夏休み期間中で、あるデータを勝手に採りました。

親子乗馬は2歳まで。3歳からは一人でなければ一人の利用の鞍(くら)にはのれません。という条件の下、

親御さんに乗れと言われながら、「やだ!のれないよぉ!」といって泣いてしまう子供さんの男女比率。

そのデータです。(勝手にやった事でしたが、まあ10年以上昔の事だからいいかなと・・・)

約100名を越える程の泣いて拒否した子供さんのうち、男女比率は 【男子7:女子3】。

子供のうちからこんなにも差があるものかと驚いたものでした。

シシチボリもほぼ同様の傾向。  大人の場合も、泣かないだけ(笑)で拒否率は似たようなもの。

    ・・・この話はこれ以上するとメッチャ長くなるのでこのぐらいで・・・
 「シソのタネ」↓

ちっさ。

                            コメント、みじかっ。

 「看板手作り」↓

食の体験で看板を塗り直していました。

POPや看板も、基本は自分たちで作ります♪

 「ヒ~ッ ヒ~ッと鳴いていた鳥」↓

桜の枝の間を「ウソ」が鳴きながら飛んでいた。(撮影不可)

春先にウソの群れがやってくると、もうじき咲く桜の花芽を食べちゃうからコマッちゃう場合も。

 「定休日ご案内」↓

年末は29日の土曜日から営業しております。

※29日土曜日の1日間だけ、農場レストランは準備中となっておりますのでご了承くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北のロケット、飛んで行きましたねぇ・・・      ( ;°Д°)・・・・
半島の南の国は日本製のロケットをあげておいて、ロケットに書いてあった「日本」の名前を、画像の上書きで

恥ずかしげもなく自国の名前に書き変えて、自国内に放送する。

南側は北側に遅れをとっているということか。

その南側がそろそろやばくなりそうで、今後態度を豹変(ひょうへん)させそうなことを感じさせる記事↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121207-00000000-sbunshun-bus_all

コメントを残す

ブログ一覧に戻る