畑にいる虫

2009.07.07
 「花粉を食べるハナムグリ」↓

花にもぐるので「はなもぐり」から「ハナムグリ」という名前がつきました(正式名称)。

花粉は食べますが体中花粉だらけにしながら移動するので、受粉にも1役かってくれています。

 「ノコギリカメムシ」↓

これはキュウリやカボチャなどの茎(根元あたり)にとり付いて汁を吸う、ノコギリカメムシ。

お尻がギザギザのカメムシだからこの名前。ビッシリつくと作物弱るし、病気を媒介する事もあるので

見つけたらやっつけます。

 「アワノメイガ」↓

トウモロコシ畑で格闘中。この虫のおかげで普通の農家さんでは農薬を使わないと売り物ができません。

トウモロコシ作りの大敵は強風と虫と獣達。(病気はあまり多くない)

自然界ではありえないほど甘くておいしいんだから、狙われるのは当然ですよね。
 「ブユ」


ハエ目長角亜目ブユ科。ナリは小さいくせに毒はかなり強い!おまけに蚊より頭いいから気づかぬうちに

血をすわれるし、たたこうとすると察知して逃げたりもする。たたきやすいところにはあまり来ず、

見えないところを狙ってくる事が多い。 赤く熱く腫れ上がり、いつまでもジンジン熱もって痛がゆい。

これは足にシマが入っているので「アシマダラブユ」です。

ブヨ・ブト・ブカなどいろいろな呼ばれ方が全国にあり、正式名称は「ブユ」なのです。

 「シカかしら」↓

サツマイモの1部が葉を食べられている・・・過去にこんな事は1度も無かった。

最近初めて出ているからシカかと思っていますが。
 「小麦粉でスイトン作ってみた」↓

すいとんって私、生まれて1度も食べた事無かったんです。周りのオジサマオバサマが「えーっないの?!」

って。だから自分で作ってみた。種まきから自分達で作った小麦粉で。  贅沢だの・・・

 「タラリ」↓

すいとんって簡単なんですね! すごくおいしかった!

でも失敗した・・・。写真のように、入れる時とろ火で沸騰状態のところへ入れ続けたので、温度が下がって

汁がトロッとしてしまった。入れるときだけは沸騰状態に入れるようにしないと解けてしまう部分がでる様子。

でもうまかった♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る