畑は来年の準備が始まったのです。

2009.10.31
 「抜けるような秋晴れの空」↓

 「1面に広がる菜の花畑ですが・・・」↓

これみんなナノハナですが、今年の春初めて菜の花のタネを採って油を搾る事に挑戦・・したおかげで

ヒマワリのときもコスモスのタネをまいたときもビッシリ出るハメに。(実は今年のコスモス大失敗)

今いい大きさなので(収穫体験するにもいい大きさですが)来年春に向けて、きちんと植えかえします。

列にしないと「ナノハナ摘み食べ」で中に入れませんし、間隔を取ったほうが1株が大きくなる。

 「堆肥を入れて耕しちゃうんです」↓

もったいないようですが、1年に1度、たくさん堆肥を入れるときが今。

堆肥を入れて耕しつつ、植え替え作業も開始です。
 「ギンナンびっしり、いよいよ開催!」↓

ギンナン拾いは31・1・3日の12:30開催!参加無料で銀杏拾い放題の人気イベントです。

木の本数が結構あるから、おそらく次の週もできそうですが。
 「シイタケぼちぼち出てます」↓

謳うほどではないな・・・密かに開催しよう。11月3日に。

 「紙すき体験」↓

修学旅行の皆さんが紙すき体験に挑戦。予約のみの特別教室なのです。

お手伝いしたおじさんが「とっても素直でいい子達だったよ~」といってました。

 「堆肥を畑へ運び込め!」↓

今の時期に堆肥を入れておけば、来年の準備としてはバッチリだ!(入れてすぐはダメなのです。時間必要)

牧場なだけに堆肥はありますので、しっかり入れます。

 「畑に堆肥山が」↓

コレを草フォークでエッチラオッチラ広げてから、耕運機ですきこむのです。

コレなら来年のトウモロコシもあま~いのが出来るぞ!一応来年の募集は2月1日から受付予定です。

(今年の「種まきからトウモロコシ作り」は本格募集開始から3日で定員一杯になりました。限定60組が)
 「種の乾燥が終わったので送付~」↓

湿気を吸ってすぐカビますのでご注意ご注意。封を開けたお菓子は湿気を吸ってしまいますが、

あの状態になったら即カビが発生すると思えば大体わかりますかね。

しっかり密封で乾燥剤と一緒に保存しておくと最高。冷暗所。

 「ヤギのお散歩の成果」↓

成果というか被害。 コムラサキ(紫色粒の実が今できています)は道路側だけ無い感じ。

ヤギのお散歩で食べられまくった結果です。   

  「借りたトラックを気合入れて洗う!」↓

いつも動物の方で使われているトラックは、軽ですがダンプ(荷台が持ち上がって荷物を落とせる機能)する

ことが出来るので、堆肥運びには重宝します。4駆なのも重要。畑で2駆だとすぐハマります。

 「その横でさらに気合をいれて掃除しているお兄さん」↓

牧草を丸める機械をキレイにしている龍田お兄さん。

「新品同様にせよ」という指令を受け、細部まで掃除&お手入れ。こりゃ大変そうだ。

でもこれで来年スムーズに使い始められるに違いない♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る