畑仕事、激急ぎ!

2015.05.13
「朝は殺虫作業から入る」↓

台風が近づく火曜日。曇りなのでジャガイモの葉を喰うオオニジュウヤホシテントウが葉先に結構出ていた。

10分程で、20匹ぐらいテデトールにて殺虫。   (「テデトール」と「アシデブッツブース」の併用)

 「雨が降る前に除草作業」↓

今週末から始める「エンドウマメ収穫すぐ食べ体験」。 その周りの雑草を処理する。

立ったまま使える「けずっ太郎」、便利だ!石も出たので、草と共に片付ける。これで良し!
 「にんにくの芽がやっとすこーし出始めました」↓

遅れていた、ニンニクの芽がやっとこさ出始めました。でも出始めているのは全体の5%ぐらい。

まだ収穫開始まで10日はかかるな・・。

 「古いマルチを活用」↓

昨年使った、古いマルチをばっちり活かす方法。

ジャガイモの畝の間に、ガサガサと伸ばして敷くだけ。少し雑草が出始めたたぐらいで敷くといい。

簡易の全面マルチみたいなもの。ピンで軽くとめる程度でOK。

★利点★ ①雑草を防除 ②作業時間が超短い ③昨年使った不要なマルチ使用で経費0円 
    ※この時期に張ると、ジャガイモが茂ってきているので少々の風でも飛ばない。
    ※古いマルチは、乾かしてからしまう事(濡れていると、くっついてしまうから)

 「遅れまくりですが」↓

マリアちゃん達のコンニャク作りで使う分を残して、余っていたコンニャクを全部植える。(遅すぎ)

台風前に全部植えたかった。 完了。

 「トウモロコシの畝間」↓

マルチの張りかたで雑草を防除。

浅く、V字型に埋まっているフチは土が乾くので雑草が生えていない。

 「除草作業開始」↓

みんなのトウモロコシ畑、雑草取り開始。

 「除草作業の前と後」↓

手前が取り終わったところ。2株目がまだの所。

 「除草作業は間違えないように・・・」↓

以前も、お客様が自分の畑を除草したら、雑草を残し、トウモロコシをブチ抜いていた方がありまして(汗)

でも、これは、慣れないと間違えるのも無理ない。

指さしているのがトウモロコシ、その2つの間にあるのは「メヒシバ」という雑草。

見分け方は・・・↓
 「こちらは雑草扱いのメヒシバ」↓

よく見ると、ミッシリと毛が生えている。 トウモロコシには一切毛が生えていない。

これが見分けるポイント。  慣れてくると、一目でわかるようになります。
 「スピードポッターの威力」↓

雨が降り始めた2時過ぎからは、ビニルハウスの中で植え替え。(ぎりぎりまで畑周りの草刈りを)

「スピードポッター」というこの道具は、ポットに均一に土を入れる道具。

手で1つ1つするよりも10倍は早い!  均一かつ、美しく作業が進みます。
 「この様に♪」↓

1回で135個。5分かからないで終わる。この後、セルトレイに生えた苗を手で植えかえまくる。

2人作業で2時間集中して約250株終了。年間では最低でも5000株は育てたい。

雨のおかげで作業できたが、こりゃあ一人じゃ無理だな。 (これやってたら畑が滞る)

やってみてわかる。    さて、花についてはみんなに応援を頼むしかなさそうだ。

   

コメントを残す

ブログ一覧に戻る