白菜に虫除け(モクサク)をまく。

2010.09.18
 「天候の影響で」↓

やはり、あの暑さの影響で秋野菜の品薄が長引きそうです。

今日、食べるラー油作りで使う北山農園の唐辛子を分けていただき、少しお話しました。

やはり、人参は育成時期の暑さと乾燥で根を伸ばせず、成績が非常に悪かったそうです。同じだ。
 「木酢(もくさく)」↓

ケムリを液体にした、木酢。竹でつくれば竹酢(チクサク)。

無農薬栽培ではよく使われます。匂いによる虫の忌避効果と、土壌の活性化が同時にできます。

ただ、雨で流れてしまうので、何度もまく必要がありますが・・。

焼酎に唐辛子を漬け込んで1ヶ月以上おいたものも、虫退治効果があり、家庭菜園などではオススメです。

(希釈して直接スプレーする)
 「散布中」↓

ユウキ君のお父さんが補植してくださった白菜畑。

虫が目立ち始めた中、昨日雨が降ったので再び木酢散布。

ヨトウガの幼虫や、真っ黒いカブラハバチの幼虫、モンシロチョウの幼虫や点のような大きさのハムシなど

色々な虫がいる。  ここでは全部白菜の敵。

 「花畑から富士山を望む」↓

制服に上着を着ているスタッフが目立ったほど涼しかったこの日。

牧場と富士山頂では20度弱も温度が違うので、朝の牧場の雨は山頂では雪かな っと思いましたが

下から眺める限り白くはなかった。

※100メートル上がるごとに0.6度気温が下がります。
 標高:富士山頂3776メートル - 牧場600メートル = その差3176メートル
    31.76×0.6=19.056
    それで20度近く温度が違うことが分かります。

牧場の気温が20度なら、山頂では十分雪が降ります。
3度ぐらいまでなら雪が降ることがあります。

 「日本1の丘から」↓

コンニャクの横にまいた菜の花がビッシリ芽を出してきました。

こちらのラッカセイは18日にかなり収穫します。
 「今日のラッカセイホリ」↓

掘りたての旨さももうすぐ終了!

 「オバケカボチャ収穫」↓

入口や、レストランいただきます、ランチハウスや写真を撮るコーナーなど、イロイロなところに飾りました。

秋ですね~。

 「お掃除」↓

落ち葉掃除もそろそろ本格化。

イチョウが落ちるときが一番すごい。

ミルク工房のキブシさんが工房裏のお掃除をしていた♪

 「ンギギー」↓

レストランのイワサキさんが「うでずもう」を挑んできた。

右は勝ったが左は負けた。  利き手が二人とも逆だった・・・。

 「強いぞ!」↓

シムラさん強し!イワサキさんかなわず。私は勝負つかず引き分け。

(コンナトコデホウコクスンナ  ?)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る