白菜を縛っておいたので、寒さに耐えられている♪

2013.01.05
 「朝の場内見回り」↓

朝、場内を奥まで一周見まわり。 全力で走ったら何分で回れるか計測してみた。

おじさん、体力の限界に挑戦。      (ひとり「ダダダ法」にて撮影)
 「見た目は汚いが・・・」↓

白菜の外側の葉を、上に持ち上げて縛っておいた。これは、寒さに耐えるのが最大の目的。

ボロボロに見えても、外側の葉が凍って、中まで凍るのを防いでくれている。

白菜は凍らないようにするために、自分の中に「糖分」を作るので、本当に甘くなってゆく。

寒い事は、いい事もある♪

 「みんなで」↓

モチ花作り!  いろんな方の応援を頂きながら作る!

昨日も来てくれた杏君(右)は、餅花作りを手伝ってくれた♪

飾ったその作品は・・・   写真撮れなかった・・( T0T)

お手伝い、超助かりました!ありがとうございます!

 「大根白菜収穫1発目」↓

 「大根白菜収穫2発目」↓

4日は11:30と13:30の2回とも開催。6日の13:30が今年最後の大根白菜収穫になります!

 「トランポリンの秘密」↓

ちょっとスタッフの動きの関係で、午後は遊具にいた私。

リナちゃん達が遊びに来て・・・・  今年の農園のお申し込みを頂きました。

申込は・・・「全部お願いします」。       ・・・・・・・・・・えっ!

ジャガイモ・コンニャク・トウモロコシ・サツマイモ・ラッカセイ・ソバ・大根白菜・・・・(ニンニクと小麦は現在進行形)

ビックリなお申し込みを頂きました。  ありがとうございます。

※写真はトランポリンの秘密を家族で知った直後のシーン。この秘密は・・感動する!
 体験した人しか、絶対に、絶対に分からない。
 「木の上で」↓

トランポリンの上の桜の枝で「フィッフィッ」と鳴いている鳥がいた。「ウソ」だ。

ホントにウソなのに・・・・・・・なんちゅー名前だ。

 「こんなとりです」↓

桜の花芽などを食べる。あんまりいっぱい来ると、春の桜の花がずいぶん減ってしまうことも。

ま、ご飯は食べるわな。生きているんだから。  腹いっぱい食べなさい。

※鳥綱スズメ目アトリ科の鳥。ヨーロッパからアジアの北部にかけて広く分布し、北方で繁殖するものは、南へ渡って越冬する。フィーフィーと口笛のような声で鳴くので、口笛の別称「おそ」から転じて和名がついたといわれる。全長約15センチメートル。太く短い嘴(くちばし)、丸く太った体つきが特徴である。雌雄とも、頭、翼、尾は黒い。雌はほかの部分が灰褐色でじみな姿であるが、雄は上面が青灰色、頬(ほお)から腹にかけては赤い

コメントを残す

ブログ一覧に戻る