皆様のトウモロコシ畑のお世話、完了です。

2015.06.03
「みんなのトウモロコシ畑お世話」↓

草をとりつつ、間引きも行い(ここまでが一番大変)、通路の草を刈り、刈った草を畑から出して

肥料を通路にまいたら1回通路を耕し、それから土を両側に跳ね上げながら「土寄せ」。

 「すごく乾燥しているので」↓

土ボコリがすごい。さすがにマスクをした。   それでも、鼻の中まっくろになりましたわ。

 「完了!」↓

午前中は、団体のお客様の受け入れを手伝ったり、修理依頼に対応して、結局終わったのは3時ごろ。

成長の早いトウモロコシは、雄花の穂が チラッとでき始めているモノも。今のところ成長は良く、

予定い通り7月19日(日曜日)をメインの収穫日にできそうです。  台風・・・来るなよ!
 「エンドウマメゆで食べ」↓

平日でしたが、豆があったのでエンドウマメ収穫すぐ食べ体験開催。(途中写真撮影忘れました)

牧場のマキで沸かす鍋で塩ゆで。採り立ての上にこれなら美味いはずだわ。

※先の反省で、収穫は状況に合わせて2コースにすることにしました。
 あんまりない時は10本100円でゆで食べのみ。めっちゃある時は、詰め放題(40~50本)300円の
 コースも同時に行うという計画です。  

 今日の雨で一気に伸び始めると期待しています。
 「昨日のモリアオガエルの卵」↓

月曜日の夕方見つけたモリアオガエルの卵。  ※静岡県では「準絶滅危惧種」に指定されております。

あの位置では知らない人(ウチの会長とか)に「ゴミか?」と片付けられそうなので

入場口に移動するついでにPOP作って展示しちゃった。  生まれたオタマはコダヌキ湿原に放しに行こう。

(過去に何度かやってます。だってすぐバードケージ内の池の上に作るんだもの。オタマはカモのエサだよ)
 「ジャガイモ畑」↓

初の「最後まで黒マルチ」育成。

楽だ・・草取り負担軽減&土寄せなし。   さて、出来はどうかな!? 

事前チェックの「さぐり掘り」なんてしねぇ!(するヒマと気がない・・・いきなりみんなで収穫お料理かい・・)
 「手伝いに駆け付けてくれまして!」↓

表のカフェ・ナチュタヴィータの新人スズキお姉さんが、夕方1時間手伝ってくれました。

ありがとうございます!

今日の雨のあと、どれだけ気温が上がるのか心配。

梅雨入りすると、落花生の発芽率が下がるから、種を少し根出し(発芽スイッチ入れ)してからまくしかないか?

でもそれは、タイミングが難しいんですよね・・・。  数が多いから。

 「花の名をすごく聞かれたそうです」↓

バードケージ前のドッサリ咲いているこの花。  牧場では、火曜日に3件ぐらい名前を聞かれたそう。

この木の名前は「カルミア」。日本原産の植物ではありません。

ツツジ科のカルミアは、穏やかでない名前「ひつじ殺し」という別名で呼ばれることも。(海外で)

葉に毒が含まれているので。   

※乗馬コース横の「馬酔木(アセビ)」もそうですが、牧場に植えるべきでないのでは・・

 「斜面の花畑を耕す(かなり斜度はきつい)」↓

広い広い花畑にジニア(百日草)の種をまく。半分に。(まいたら種がなくなった)

軽く耕して種を埋める。どうしても雨の前に終えたかったので、5時から7時でなんとか完了させる。
 「新聞に掲載」↓

6月は牛乳月間~♪

 「ホタルが出まくりだ!」↓

今年初の蛍見に、夜家族で行って見る。

西山本門寺というお寺の近く(富士宮市内)。   飛んでる飛ん
でるいっぱいだ♪

光の明滅はオスのプロポーズですな。        季節を感じます♪ 

※オスの腹の発光器は2本メスは1本。写真(下の蛍)は、ちょうどオスの発光器が2本あるのがわかります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ほほう。
オーストラリアの研究では、家畜小屋に出入りしている子供は、花粉症やぜんそくの発症率が4分の1だったと!
泥んこ遊びや、動物と触れ合うのは免疫力を高めるのに役立つようです。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る