秋ですねえ・・・  ~落ち葉の集め方~

2010.10.14
 「13日のソバ畑」↓

実が入ってきました。本当に1週間で変わるものだなあと感じました。(刈り取りを10日から17日に延期した)

 「タネの1部」↓

場内を飾っているオバケカボチャのタネを洗って よ~~~く干して、

タンス用の除湿材と一緒に保管。  少しでも落ち度があるとカビがビッシリ。なかなか保管は難しい。

 「落ち葉の袋への入れ方 ~速く美しく~①」↓

落ち葉を山にしたら、足の間に大きなゴミ袋を。

 「落ち葉の袋への入れ方 ~速く美しく~②」↓

つま先に袋をかけます。

これで①袋の口ががっちり広がる ②靴やズボンが汚れない ③前進できる
 「落ち葉の袋への入れ方 ~速く美しく~③」↓

落ち葉の山に突入。

歩いて突っ込んでも、ぜんぜん汚れません♪
  「落ち葉の袋への入れ方 ~速く美しく~④」↓

ガバッと押し込む。

1番のポイントは、この「押し込める」という点です。普通に入れようとすると、ビニールの口がクニャと

なって口が閉じてしまうから。ちなみにこの方法なら、ビニール袋にフワッと一杯に入れるのに

かかる時間は、ほんの5秒。    慣れると本当に早いです。

 「竹ぼうきのつかいかた①」↓

コレは普通の使い方。  初めはこれでもOK。 でも葉が、ぶ厚く集まってくるとなかなか大変。

時間ばかりかかる。

※この「ふつうの使い方」にも。コツがありまして、なるべくほうきを寝かしてつかうのが基本ですが、
 他にも使用状況によって、使い方がいろいろと・・・ 
 例・ほこりを立てない・ほうきを長持ちさせる・早く掃除が終わる・クセがつかない など・・・
 「ホウキ道」は深い。   
 
 「竹ぼうきのつかいかた②」↓

最後の大盛りの葉っぱ山を作るなら、この方法!

たけぼうきを横向きにして、「持つ部分」も使うのです。
 「竹ぼうきのつかいかた③」↓

オラオラオラオラオラオラオラァ!

ズザー とみるみる巨大な山が出来上がる。最後に細かいのをパッパと掃けば、2~3分かかる作業が

30秒で終了。

 「ビニールの袋に一杯詰めるには」↓

フワッとはいって、袋がすぐ一杯になっちゃう。袋の空気を抜いても、足で適当に踏み込んでもある程度しか

入らない。ギュッと詰めて効率よく袋を使うには、写真のように、踏み込む場所をフチの方にすればよい。

ハジを踏むと、ドンドンギュウギュウ詰められて、グッと詰めることができます。

葉っぱが多すぎて袋が足りないワ って時には役立つ方法です。(袋は重くなりますが・・)

 「サツマイモのツルは強い!」↓

引っ張りっこしてもぜんぜん切れません!

 「サツマイモホリ」↓

こちらは12日の写真です♪

毎日13:30から開催中~。無くなるまでで終了です。さて今年はいつまであることやら・・・。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る